「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 意識の力については、はるか昔から考えられていたようですが、人生
に大きな影響を与え、成功に導くことが体系づけられて、一般的な本に
まとめられたのは、

「原因と結果の法則」 ジェームス・アレン 1902年

が始めではないでしょうか。この本はおよそ100年前に書かれ、成功
者のバイブルとして、今も多くの人に読まれ、聖書に次ぐベストセラー
であることが訳者前書きに書かれています。

 現代の成功哲学の祖と言われているような

  ・デールカーネギー(以前紹介した「人を動かす」の著者)
  ・アール・ナイチンゲール

にも大きな影響を与え、今成功している人は絶対に読んでいるという本
です。

 茶くれが驚くのは、1902年はフロイトが夢判断で「無意識」を発
表したのと時を同じくしていることで、まだユングとフロイトが出会う
5年も前の事です。

 ヒステリーの研究から始まった意識の探索(精神分析)は、様々な社
会批判を受けながらも、学問へと昇華し、心理学などで広く学校でも学
べるようになっていますが、

 意識の力を成功へと結びつける考えは、未だに一般化せず、先駆者達
は歴史の中に消えてしまいました。茶くれ的には

「マスターの教え」 ジョン・マクドナルド 1929

がお勧めですが、上のジェームス・アレン同様著者についてはほとんど
何も残っていません。

 何人かにこの本を貸しましたが、響いた人はほとんどいません。
 この手の本は、すごくわかる人とまったくわからない人に大きく分
かれるようです。

 茶くれは、これはハッピーインテリジェンス(今作った言葉)の違い
によるものだと思います。

 次回以降、ハッピーインテリジェンス向上のため、上に挙げた本の内
容について独断と偏見で紹介していきたいと思います。

 皆様もこの本がお勧めというようなものがあれば、ぜひ紹介して
ください。




原因と結果の法則を読んでみたくなった方、応援お願いします。
 ↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/70-ecc1afb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。