「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 将来の繁栄を見越して、個人事業の「屋号」を登録商標として、登録しよう
と思い、先日特許庁へ行ってきました。

 商標とは、事業者が自己の取り扱う商品・サービスを他人の商品・サービス
と区別するために、その商品・サービスについて使用するマークです。
 登録されると日本全国的に効力が及ぶ商標権が付与され、侵害者に対して
侵害行為の差し止め、損害賠償等を請求できます。
 私はこれを「ブランド」のようなイメージでとらえています。

 登録商標の登録はWebで検索すると、代行サービスがいっぱいあり、
¥3~30万程度の手数料を取られるようですが、これは誰でも全部自分で
出来ます。

 特許庁のHPの右上、クイックガイドに「商標に関しては」の項目がありま
す。ここからたどっていけば全て書いてありますが、以下簡単に手順を紹介
しておきます。

 0.全体の流れ
  ・商標権を取るための手続参照。

 1.商標の調査(登録しようとしている商標が登録済みかどうか調べる)
  ・特許電子図書館 → 初心者向け検索→ 商標を検索する

 2.「商標登録願」の作成
  ・クイックガイドの手続き方法を知りたいの項の「商標登録出願の様式」
   で「商標登録願」の作成要領は? に従い登録願いを作成します。
  ・わかりにくいのは指定商品の所だと思いますが、これも電子図書館に、
   類似商品・役務審査基準【国際分類第9版対応】 があり、45の大分類
   のままでも出せますし、細かく書きたい場合は、商品・役務名リスト
   から過去のデータを検索して参考にすると良いでしょう。
   (指定商品関係の電子図書館の使い方、および、大項目だけで出して
    も良いことは特許庁に相談に行って知りました。)
  ・特許印紙の金額は¥6,000+区分数×¥15,000、区分が1つ
   なら¥21,000です。特許印紙は大きな郵便局で売っていますし、
   もちろん特許庁にもあります。
   
 3.出願
  ・書留の郵送で特許庁に送ります。あて先は
   〒100-8915東京都千代田区霞が関三丁目4番3号
    特許庁 御中
    (商標登録出願書類在中)
  ・私もそうでしたが、突然郵送すのは不安でしょうから、東京に近い人は
   特許庁に行って一度商標登録願いを見てもらった方が良いと思います。
   特許庁は、銀座線虎ノ門駅が近くて便利、入るのに免許書などの身分証
   明書が要ります。出願は1F、相談は2Fです。

 4.登録
  ・審査で出願が認められれば、登録査定になり、査定書が郵送されてきま
   す。その中に10年間の登録料を納付する納付書があるので、特許印紙
   を貼って郵送します。
   初めの10年の登録料は、区分数×¥66,000円。更新登録料は
   区分数×¥151,000です。

 実は商標登録願を持参して相談しに行ったのですが、結局出すのはやめにし
ました。なぜなら、登録料以降の情報を事前に調べていなかったので、意外に
お金がかかることがわかったからです。
 出願は稼げるようになってからにしようと思います。

 ※上記金額は’07/5時点のの金額ですので、詳細は確認お願いします。

 私もいつかは自分ブランドと思ったあなた、応援よろしくお願いします。
 ↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
> 大項目だけで出しても良いことは特許庁に相談に行って知りました。

を知らなかったので助かりました!
2008/04/12(土) 15:16 | URL | とおりすがり #-[ 編集]
とおりすがりさん。
コメントありがとうございます。

こうゆう事は悩んで時間をかける
より、経験者に聞いてしまえば一発
です。
税金払ってるんだからお役所も活用
しないとね。
(役人は人によるけど、暇なとき
 は意外とやさしくしてくれます)

2008/04/14(月) 08:09 | URL | 茶くれ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/42-a888a9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。