「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰してすいません。
税理士の勉強というのは24時間年中無休なので、
なかなか記事を書くゆとりが無いのです。

最近は e-Tax でオンライン申告していましたから
3年ぶりに税務署へ赴いたわけですが、珍しく
好印象でした。

税務署へ行った理由は今回イベントが盛りだくさんで
相談なしで申告する自信がなかったのです。

1.自営業の廃業
2.サラリーマン退職金の申告
3.直接払うようになった社会保険料


この記事が直接役に立つ人はいないとおもいますが、
各項目について、勉強になったので、メモっておき
ます。

1.自営業の廃業

 ・廃業時期
  去年の4月に廃業届と青色申告の取りやめ届出書
  を提出していますが、3/15以後であったため、
  中身がなくとも今回も申告が必要となってしまい
  ました。届出時期にはご注意を!

 ・売掛金の残高
  アフェリエイトの広告収入って一定の金額になら
  ないと精算できないので、時間で失効したり、
  ずっと残ったりしてしまうのですが、これは
  貸倒れ損失でよいとのこと。
  最後のにぎりっぺで費用計上できます。
  他の現金や預金などの資産項目は、事業主貸
  勘定で、ゼロにしてしまえばOKです。
  自営業って素敵。  

2.退職金の申告
 ・分離課税の申告書を作成していったのですが、
  自己都合退職ということもあり、退職所得控除
  を大きく下回っていたので、申告不要とのこと。

3.社会保険料
 ・退職後の年金・健康保険料がハンパない状況
  でしたが、基本的には所得から控除されます。
  必殺技としては、国民健康保険は世帯主にかかる
  ので、収入の高い家族が世帯主になることにより
  より多くの税金の還付をうけることができます。


相談目的で行ったのですが、ほぼ修正がなかった
事もあり、その場で端末から申告してしまいました。

申告書は紙で持参したので、e-Taxの情報もハンコ
も持っていませんでしたが、その場で識別番号を
再発行し、国税庁のHP?からすぐ申告出来ました。

e-Tax始めたときは面倒くさすぎて、素人には無理
だろこれ、と思っていましたが、(過去記事参照
今や税務署に相談に来たパソコンも使えない
おばあちゃんも、親切なおねーさんがいるので、
その場で申告することができます。

時代は変わりましたよ。

一番ビックリしたのは、雑収入の投資の経費なんで
すが、e-Taxで申告する前は毎年税務署でもめるので、
一切書かないことにしていますが、今年は
「経費はありませんか」って聞かれました。

時代は変わりましたよ。

私の印象は「税務署=もめる」でしたが、
システムの改善で職員にも余裕ができたのか、
対応も親切でした。

たまには税務署へ行ってみるものだなと
つくづく思った今年の確定申告でした。

以上
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/382-e574c5ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。