「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日の日経新聞に記事がありました。
研修体制を刷新し、社内研修を20万→40万回
に倍増させるとのこと。

 ソフトバンクではすでに7月に孫社長やグループ
トップの後継者育成のため、ソフトバンクアカデミー
を立ち上げており、10月まで一般公募も行って
いるとのことです。

 教育は成果が出るのに時間がかかるし、費用も
かかるので、現場で教育に力を入れてくれる会社
は素晴らしいと思います。

 茶くれがサラリーマン時代、研修で後継者育成
に関するグループ討議があったのですが、バブル
崩壊後の社員は使えないという意外な共通意見があり
ました。

 はじめは、採用が少なく、高学歴に偏った人材で
あるため、優秀だが自己主張が強く、人の言うこと
を聞かないなどの議論でしたが、
 そのうちに会社側の育成にも大きな変化があった
ことに気が付きました。

 バブル後は不景気のため、教育を大幅に削減して
いたのです。我々が経験した、営業実習や工場実習
、事業所見学や幹部訪問、または幹部の抗議などの
カリキュラムがなくなっているのです。

 採用が途絶えたため、同年代が少なく、いろいろ
な話ができない環境であることも問題として認識
されました。

 今は研修制度や施設も充実しているのですが、
担当者は目の前の仕事に追われ、一部しか利用
されていないのが現状かと思います。

 バブル後の景気回復に伴い、採用の幅が増えた
ことで、バラエティーに富んだ人材が採用される
ことで、どうにか優れた若手が育っていますが、
これは本人のスキルに頼っている所が大きいと
思います。

 今過去の経験でやっていけるような事業は
日に日に少なくなっていて、もはや大企業と
いえども10年20年先はどうなるかわかり
ません。
 過去の功労者も努力なしには会社を支える
ことはできないのです。

 会社は今後どうやって成長し、そのために
どんなスキルが必要で、どうやって実現するか、
明確に答えられる会社がどれくらいあるでしょう
か。

 これからは、会社を選ぶとき、どんな教育
制度があるか、自分をどう育ててくれるかが
何よりも重要になってくると思います。

 今回のお題、カンブリア宮殿で今日放送
されるようです。

 新聞の他のページに31日のガイアの夜明け
の広告がありました。

 お題は
 「ゆとり世代を鍛えろ、人間性を磨く魂の教育」
 です。

 こちらも期待して見させて頂こうと思います。 

追伸
 今、記事を書いた後で、子供に一緒に見ようと
誘ったところ、

 「録画しておこうよ、ガイアの夜明けの
  他にもカンブリア宮殿とルビコンの決断も
  録画しよう」

 だって。小学生とは思えない回答でした。
 ルビコンなんて知らなかったです。
 教育ができてないのは茶くれだけかも
 しれません。

 日本の未来は明るいかも。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/374-4c2151cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。