「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 会社を辞めてみて、いままで茶くれの人生が
ものすごく恵まれていたということを、実感
しています。

 就職

 学校で周りにいる学卒の人は、ほとんど就職
ができなかったために、さらに勉強を続けて
スキルアップしようとする人達です。
 文系の人で100社、理系の人でも50社
くらい就活をしています。
 
 3流大学出の茶くれは、2社しか行かないで、
日本で有数の会社に入りました。
 すべてバブルのおかげです。

 今学校で2年制の人が就職活動のカリキュラム
が増えていて、面接の練習などしていて、厳しい
ことを言われていますが、
 私は大学4年生になってから1度就職課に
行っただけです。
 自己紹介をして「いいんじゃないの」と言われ、
 「えっそうなの?他に注意すること無いの?」
と不安に思ったのを覚えていますが、
就職活動と言えるものはほとんど無かったように
思います。

 学校へ行かせてもらったこと

 恐らく、今のクラスで学費と生活費を完全に
自分で支払っているのは私しかいないと思います。
 自分が親だったら、大学を出て、更に他の
学校へ行きたいと言われたら、
 働いてから自分で行けと言うと思います。
 (学んだことを実践してからまた学べ)

 でも、思えば自分も同じです。
勉強しませんでしたから、浪人して、
そして、大学へ行かせてもらいましたが、
ここでもろくに勉強しないで、学校を
休んで車で山や海へ行って本ばかり
(少年ジャンプを含む)読んでいたのを
思い出しました。

 親から見れば、耐え難かったことで
しょう。
 今、多少まともな人間に育ったことは
不思議な事ではありますが、大変ありが
たいことことだなぁと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/357-7fabfff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。