「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 4月から、2級を目指して、わりと簿記漬け
の毎日を過ごしており、何度か記事にしようと
思ったのですが、なかなか簿記についてまとまった
考えを持つことができません。

 なので、現時点のとりとめのないことをメモって
おきます。

 簿記の先入観としては、先に自営業で青色申告
をしていた事もあり、実務としては今後簿記の
知識がなくてもパソコンに置き換わってしまう
もので、通過点としての資格取得だと思っていました。

 しかしながら、勉強を始めて、帳簿の意義が
わかったような気がします。
 簿記はあらゆる取引を2重に記載します。2重
に管理して、間違いがないようにしているのです。

 基本的な問題を解いていて、間違うと、計算が
合わないので、間違っていることがはっきりわかり
ます。これはすごいことだと思いました。
 コンピューターがない時代だからこそ、複雑
な数値を(極力)間違いなく管理、集計、評価
する仕組みが出来たのだと思います。

 で、3転するのですが、勉強が進んで試験問題
に接してみて思うのですが、試験はこの偉大な
効果を逆手にとって、2重の記載のうち、一方
の過程を穴埋めにして出題するのです。

 これって本末転倒ではないかと思ってしまい
ます。間違わない仕組みなのに、間違うような
問題にするのです。
 それも年々問題はマニア化しており、言葉尻
で判断させたり、教科書にない答えを推測で答え
させるようになってきているようです。

 資格の判断基準に文句を言うことは出来ないの
でしかたのないことですが、しっくりきません。

 本来の主旨から言えば、間違えさせえて70点
を合格点にするのではなく、
 間違えない仕組みを活用させて、100点を
合格点にすべきです。

 間違った帳簿なんてまったく役に立ちません
からね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰です
簿記ですか?
すごいなぁ
私、ちなみに簿記学校2年通いましたが
卒業して入社した会社で
経理部に所属され~
ちっとも役にたちませんでした(笑)
そうなんですよ
間違いさせようとする問題ばかり。
いやらしいとしかいいようがない。
今は、そういうソフトがありますからね~


2010/05/31(月) 00:41 | URL | ミサキ #-[ 編集]
ミサキさんお久しぶりです。
最近ミクシー見てなくて
すいません。
実に会社辞めちゃいまして、
勉強中です。
簿記勉強されてたんですか。
流石ですね。
舞台あったら声かけてくださいね。
飲みにも連れて行ってください。
2010/05/31(月) 23:49 | URL | 茶くれ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/340-e79e0366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。