「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日e-Taxで納税したことを報告し、住民税を自分で
納付するチェックを忘れてしまったことをかきました。

 申告した日に税務署に確認したところ、市役所で手続き
する必要があるとの事でしたので、月曜日の出勤前に
市役所へ行ってきたのです。

 そこで、ものすごく重要な事を知ることになりましたので、
書いておきます。

 事業収入がマイナスになった場合、確定申告の住民税
徴収ランに”自分で納付”にチェックしても、無効であり、
会社に所得金額が異なっていることは知られてしまうと
言うことです。

 もうこれはどうしようもないということで、覚悟するしか
ないということになってしまいました。クビかも。

 他に
 ・市役所に確定申告書類があるわけではないので、
  申告書類の修正はできない。

 ・その他所得がプラスの場合、会社経由で配布される
  「市民税・県民税特別徴収額の決定・変更通知書」
  は確定申告の”自分で納付”にチェックすることで、
  その他所得ランに記載されない
  (納税を切り離すことが出来る)
 
 ・小額(確定申告書類の計算で切り捨てられるレベル)
  時の”自分で納付”にチェックも無効

 などの情報も聞けました。

 これは説明を聞けばわかることですが、ほとんどの人は
気がつかない事だと思います。

 違法ではありませんが、収入が少ないのに経費を申請
(赤字の状態)したバチがあたってしまった気がします。 

 皆さんも気をつけてくださいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/290-f543ab71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。