「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近読書のペースが落ちてきましたが、久しぶりに心を
動かされる本に出会いました。
 
 実はピーターの法則については、ちょうど1年前の9/26
の記事に、別の本に引用されていた概要を書いたことがある
のですが、図書館で目に付き、気がついたら読んでいました。

ピーターの法則の基本部分は以下です。

 「階層社会では、全てのひとは昇進を重ね、おのおのの
  無能レベルに到達する」

 「やがてあらゆるポストは、職責を果たせない無能な人間に
  よって占められる」

 「仕事は、まだ無能レベルに達していないものによって行わ
  れる」

 本を読んで新たに認識したのは、成熟した社会ほどこの
法則は顕著であり、例外は発見されていないとのことです。

 また、最後には人類が無能に達して滅びるようなことまで
示唆しています。

 この辺までは、すごく納得してしまいます。
 無能の症状にことごとく当てはまってしまう自分が、いかに
無能であったのか思い知らされました。

 よって、どうしたら無能化を避けられるのかが気になる
ところなんですが、

 途中階層社会の効率を上げる方法として、支配階級と
被支配階級階(昇進できない)を持ち、階層が少ないことが
唯一の解のようなことを書いているのですが、階級社会を
肯定することを恐れたのか、尻つぼみで文章を閉じています。

 明確に書かれている解決方法は非常にネガティブ
な内容で、「創造的無能」と言う言葉を使っています。
 要するに、本質的でない部分で故意に無能な部分をさらけ
出し、昇進を避けることが幸せに生きる方法とのことです。

 具体的に以下4つの特効薬について書かれていますが、
興味のある方は是非読んでください。
 がっかりすること間違いなしです。
 (面白くないというのではなく、それが本当なら夢も希望も
  ありゃしないとうこと)
 
 ①予防薬   :無能レベルへの昇進を回避する方法
 ②痛み止め薬:無能レベルへ達した人が、健康と幸せ
          を維持する方法
 ③気休め薬  :終点到達症候群の症状を抑える方法
 ④処方薬   :世界に蔓延する病を治療する方法


 これは全員が漏れなく、自分なりに答えを出さなければ
いけない問題ですから、ものすごい問題提起をされたって
ことで、人生を変える一冊に入れました。



この問題に何歳で気づくかは、非常に重要なことだと思います。
 ↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/261-90fd8617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。