「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「3つの真実」に怒りなどの攻撃的な感情は2次的な
感情で、その前にある1次の感情を受け止める必要が
あるとかいてあるんですが、

 自分の中で考えてみても、感情のボキャブラリが非常に
少なくて実感できないことがわかりました。

 インターネットで感情について調べてみましたが、
ウィキペディア(Wikipedia)以上の事はわかりませんでした。

 なんだか非常に情報が少ないことにビックリしましたが、
心理学を勉強すると、きちっとまとまっているんでしょうか。

 とりあえず、感情の一覧を元にマッピングしてみました。

 左が快い感情、右が不快な感情、真ん中はどちらとも
関係しているもしくは分類できない感情です。

 マル枠は茶くれが補ったものです。

感情


 一応上が静的なもの、下が動的なもので並べてみました。
 でも、どうも整理できないせいかピンとこないです。

 学問的に整理がついているのかもしれませんが、取り
あえず、それは飛ばして、身近な例について、攻撃的な
感情を生む1次感情について、考えてみることにします。


 <追伸でーす>

 感謝という感情で、超伝道氏の恩師から聞いた素晴らしい
話を思い出しました。

 「感謝の反対はなんでしょう?」

 茶くれも答えられませんでしたが、いまだかつて、他人に
聞いてみても答えられた人はいませんでした。

 答えは「あたりまえ」とのこと。

 これはすごいことを知ってしまったなという感じです。
 感謝するってなかなかできないことですよね。

 感謝するためにはどうしたらよいかを教えてくれるのです。

 「あたりまえだと思っていることこそ感謝すべきこと」
 なのです。

 ・毎日御飯が食べられる。
 ・家族が健康。
 ・かみさんが働いてくれている。
 ・子供が元気に学校へ行く。
 ・帰る家がある。
 
 数えればきりがありませんが、なんて幸せなんだろう
という実感が沸いてくるではありませんか。


生まれてよかった!
 ↓

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/235-c939a611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。