「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 貨幣価値の変化を予測するのはもう少し専門的な勉強と
必要なデータを収集できる能力が必要なため、今回は
暫定で過去データを用いて簡易的に求める事としました。

 以下USD/JPYの例を示す。

 今までは為替変動を過去12年(月足終値)のavg±3σと
推定しましたが、全体の傾向を反映して、累乗近似してみました。

 考慮する期間は¥360時代から全体を把握するのはちょっと
無理があるので、見た目で最近の傾向が始まったと思われる
1987年からの約20年間としました。

USD-JPY50.jpg

 従来の推定値が横棒のやつで、新しいのが右下がりの
曲線です。
 真ん中の水色線が平均線で、為替レートと平均線の差を
20年間分足すとゼロになるような関数になっています。
 今までより見た目、良くなった気がするでしょ。

 具体的に今後の平均値とリスクは以下のようになります。

 USD-JPYリスク


 しばらくこれで運用してみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/203-65131a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。