「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前回「バフェットからの手紙」の余談で、ロバートキヨサキさんの
不動産投資は、それなりの資金を準備しているはずだと書きま
したが、思ったとおりでした。
 コラムの第38回に投資ルールが書いてあったので、紹介
します。

 「自宅については、負債比率を25パーセントにしている。つまり、
  ローンは、家の価値の25パーセントだ。悲しいことに、多くの
  人は負債比率が80パーセントかそれ以上になっている。
  家のローンが80パーセントで、資本が20パーセントしかない
  ということだ。

  投資用物件については、負債比率をもっと高く設定している。
  そして自衛のために、物件にかかる経費をカバーできるだけの
  資金を手元に準備している。例えば、賃借人が全員退去して
  ローンや経費を払う人がいなくなった場合でも、建物を1年間
  維持できるだけの流動資金を現金、株式、債券などで物件
  ごとに確保している。」

 投資物件の場合の数値は書いていませんが、80%を非難して
いますから、中を取って自己資本50%くらいなのでしょうか。
レバレッジ2倍程です。

 不動産は株などとは違って銀行が80%もお金を貸してくれる
レバレッジの効く投資方法ですが、ロバートキヨサキさんは流石に
確固たる投資ルールがありました。

 あまり知識の無い不動産ですが、えいやで逆算すると、
 ゆとりある生活費¥37万を稼ぐには、
 家賃¥7.5万のワンルームマンション5つあればよく、
 ¥2500万/1件とすると、計¥1億2500万。

 レバレッジ2倍として、¥6250万の自己資金が必要です。
 借金の返済や税金や諸経費など考えていないので、やはり
不動産はお金がないとできませんね。

 そうなると、ロバートキヨサキさんはちょっとお金のある人に
向けてコラムを書いているということになります。

 不動産に価値を見出すのは問題ありませんが、決して勘違
いして、自己資金なしで、年金がわりにワンルームマンション
投資などと混同しないようにしましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/179-dfbb9251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。