「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以前、Yahoo!ファイナンスのロバートキヨサキのコラムで、
「ドル(貨幣)は偽金である」や「本当の価値に投資すべき」
という言葉に愕然としたと書きました

 納得はできるものの、ロバートキヨサキの言う「金」や
「不動産」が価値だと言われても、知識がなく、コントロールでき
そうもないので、ちょっとピンとこないのです。
(両方ともFXより大きな運用資金が必要と思われることもある)
 
 で、何が本当の価値なのかよくわからなくなってしまった
ために、ここしばらくは今まで読んだ本やテープに戻って
考えていました。

 ロバートキヨサキが引用し、茶くれも尊敬するウォーレン
バフェットにたよるしかないと考え、「バフェットからの手紙」の
コーポレイトファイナンスと投資の項を読み返しました。
 バフェット本は数々あれど、直筆している本はないので、この本
が唯一、生のバフェットに触れられると思ったからです。

 バフェットは投資について勉強すべきことは「企業価値の評価法」
と「市場価格のとらえ方」と結論付け、
 「10年、20年後に高い収益を上げるであろうビジネスの一部を
合理的な価格で購入することに尽きる」と言っています。

 一応答えにはなっていますが、バフェットの企業価値の評価方法
を汎用的な価値の評価に置き換えるには、更なる時間がかかりそう
です。(銀を保有するにいたる過程などは見出せませんでした)

 余談ですが、本の中に、自己資本率5%では、失策によって存亡
の危機にさらされるとあります。すごくいい言葉です。
 ロバートキヨサキは金が無くても不動産を購入し、キャッシュフロー
を出せると言っており、これもまた事実でしょうが、
 1千万の資金で2億円の物件を回すようなことをしていては、
万が一の失策で全てが吹っ飛ぶという事ですから、ロバートキヨサキ
は、金は使わなくても、それなりの資金は用意しての事だと思います。
 だから、不動産にはそれなりの資金が必要なはずです。


 1つ収穫があったのは、podcastで聞いているジェームズスキナー
の言葉に「価値は創るものだ」という言葉がありました。
 自分が豊かになることは、他人にとって価値のあるものを創る
ことに他ならないという意味です。

 豊かになるためには、いづれにしろ価値を見出ださなくては
ならないようです。
 「価値の創造」ここしばらく、マイテーマになりそうです。 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/178-73c5c44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。