「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここ2週間、このテーマがすごいシンクロしています。
(シンクロニシティーは意味のある偶然の一致のこと)

 まるぺけさんが本を貸してくれて、野口嘉則のPodcastでもとりあげられ、当然参加した
社外の研修会でも一つのテーマであり、茶くれの意識を駆け巡った結果、
 心が一歩進化した感じです。

 茶くれ的に簡単にまとめると、

 「人はいつも、過去への後悔と、未来への不安で心がいっぱいであり、
  変わらない過去と、起こってもいない未来に振り回されている。

  今やっていることに全力でぶつかることこそ、心が休まり、成功へつながる道である。」

 まるぺけさんから借りた本に「事実を念じる方法」というものがあり、これを実感することが
できます。

 仏教では、見たり聞いたり触ったり、全ての行動が業を生んでしまうという考え方なの
ですが、音が聞こえたとき、「いい音楽だ」とか「うるさい」と思うのではなく、「聞こえる」
「聞こえる」と念じると、心はきれいな空(くう)のままというのです。

 これをやってみると確かに、いろいろなことに心がとらわれていることがわかります。
例えば、お茶を飲むときも「飲んでいる」「飲んでいる」と念じると、雑念が消えることが
実感できます。

 茶くれの今までの、潜在意識活用やお金の勉強などのアプローチは、今思えば、未来の
不安を解消するためのものでした。

 ちと汚い話ですが、FXで安定したスワップ収入が得られることなどは、一ヶ月でいくら、
一年後はいくら増えるなどと考え、生まれて初めて、時間が建つことが楽しく感じられ、
人生はバラ色だなと思ったものでした。

 他にもいろいろあるんですが、結果的に以前より、格段に心が安定したと思っていたに
も関わらず、今を活かすことにはまだまだ改善の余地があることがわかりました。

 テレビドラマのトリックでも、上田教授が「なぜベストを尽くさないのか」略して「なぜベス」
という本を出していましたが、とてもいい言葉ですね。

 今を生きる。お勧めです。



「なぜベス」実際に出版されていたとは!
 ↓

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なぜベスもっています。(た?かも)

内容はありません。

残念ながら。。。
2007/12/13(木) 00:11 | URL | まるぺけ侍 #-[ 編集]
そうなんですか。
Amazonで買おうと思ったら、どん超
の方が評価がたかかったので、
まず、どん超を買ってみました。
2007/12/13(木) 22:29 | URL | 茶くれ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/157-10164b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。