「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 外国通貨については、ほとんど前に書いているので、まずこちらを参照願います。

 FX入門(その1)
 FX入門(その2)
 FX入門(その3)
 米ドル以外の通貨について

 おさらいで1995年の1月終値を100%としたときの変動グラフ
をおまけとして載せておきます。
 
20071104200959.jpg


 同時多発テロ以降、米ドルと仲良く長期の円安トレンドが続いてい
る状態です。

 上昇トレンドで儲かるのは当たり前。ここ数年、外貨に投資した
多くの人が利益を出したことでしょう。
 茶くれを含め、最近始めたなんちゃってFX投資家の人は、トレンド
が変化したときの状況を十分考慮する必要があります。
(8月のサブプライム問題で損しているようでは危ないです)

 今回は話が難しいので、理解しなくても良いですが、茶くれが今まで
初心者は米ドル米ドルと言ってきた具体的な理由を示します。
 
20071104202523.jpg


 横軸は計算した期間、1995~なら12.7年、2004~の場合は3.7年です。
 縦軸は主要通貨と各期間の正規性、平均値、ばらつき(σ/平均値)
を示しています。

 最近雑誌や本などでも、ばらつきを考慮したリスク管理方法を見かけ
るようになりました。「ボラティリティー」という言葉もよく使われて
います。これらは多くの場合標準偏差(σ)をベースとしていますが、
標準偏差を使う場合、数値の分布が正規分布であることを仮定している
ことに注意する必要があります。

 標準偏差を用いてリスク管理するのであれば、正規性を確認しておく
必要があるのです。

 詳しく述べませんが、米ドルは短期~長期に渡って正規性があり、
ばらつきが少ないために、もっともリスク管理しやすい通貨です。

 最近景気後退がささやかれ、今後政策金利が下がっていくだろう米ド
ルですが、現時点ではやはり初心者は米ドルです。

 他に言えることは、最近スイスフランや南アフリカランドが安定して
きている傾向があります。

 中級者は自己判断でこれらを利用しても良いかと思います。
  1)高金利スワップを狙った南アフリカランド。
  2)為替変動をヘッジするための分散投資としてスイスフランを
   組み合わせる

以上まとめると、

 「初心者は米ドル(USD/JPY)がよく、ポンドはやめておきなさい。
  
  中級者は南アフリカランドやスイスフランの組み合わせ(分散投資)
  に挑戦してみてはいかがですか」

おわかり頂けたでしょうか。

 念のために補足しておきますが、過去が未来を決める訳ではありませ
ん。どんなリスク管理方法も、過信は禁物です。


難しくて読んでいられない方も応援よろしくお願いします。
 ↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/140-07f7a77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FXで月200%稼ぎ出す究極のデイトレードみなさん、はじめまして。南緒です。ご存知の方も多いと思いますが、私は退場寸前、風前の灯状態から復活、という波乱万丈な投資生活を送ってきました。手法についてもいろい
2007/11/05(月) 00:12:18 | 株式FX投資必勝倶楽部
こんにちわ!「Sarahの超シンプル♪システムトレード♪ 」のご案内です。是非一度おいで下さい。もし、ご迷惑でしたらお手数ですが削除して下さい。
2007/11/05(月) 05:54:59 | 投資とくとく情報館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。