「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前回「投資の時代」で所得収支の増加から端的に投資の時代が
来ていると述べましたが、
 一体何に投資しているのでしょうか。

 H18年の日本の「所得収支の内訳」は、こんな感じで
  雇用報酬(出稼ぎ)0%
  直接投資(海外子会社、関連企業の配当金・収益)22%
  証券投資(株、債権、金融派生商品)76%
  その他投資 2%

 圧倒的に証券投資が大きく、やはり純粋に投資の影響である事がわかります。

 所得収支のエリア別内訳から
  米国  50%
  欧州  20%
  アジア 10%
  その他 20%

 ざっくり一言でかたづけちゃいますが、日本を支える投資収益の正体は先進
国の中長期国債で、そのほとんどが米国債です。
(米国債10年物の金利は今4.7%、日本は1.6%くらいです)

 この辺に目を付ける(手を付けるじゃないよ)ことが、投資の第一歩で
はないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/13-6afd9bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
4月15日スタートのTBSドラマ「冗談じゃない!」に出演する飯島直子(39)。主演は織田裕二と上野樹里。飯島は、惚れっぽい性格でイイ男には目がないというファミレス店長を演じる。私生活でも"イイ男"には目がない彼女、13歳年下の新宿歌舞伎町の元ナンバーワンホス
2007/04/14(土) 15:15:03 | 飯島直子 愛欲同棲もピリオド? TBSドラマ「冗談じゃない!」のネタバレ・ハプニング集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。