「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「お金持ちになれる1分間の魔法」の実践編を読んでいますが、
師の項目があったので、紹介します。

 偉人は例外なく、師の下で修業を経験しており、
成功が望みならあなたは師に仕える必要があるとのことです。

 茶くれは吉川英二の「我以外皆我が師」という言葉が大好きで、広く
学ばんと思っているのですが、具体的な師について書いてある本を読ん
だことがなかったので大変参考になりました。

 師には「偶然の師」「実践の師」「英雄の師」3つがあるとのこと。
 詳しくは本を読んで頂くとして、かなり端折って書くと、

 師の探し方について、
 目標達成に足りない部分について自覚し、全ての出来事が師となりう
る心構えを持っていれば、師匠はふらりと現れることが多い。
 それでも見つからなければ、インターネットで探して授業料を払えば
大抵見つかるとのこと。
 師のタイプは答えを教えてくれる人ではなく、自分に答えを見つけ
させてくれる変革的学習法を取る人が良い。

 弟子入りする方法について、
 師は忙しい。弟子を取ることの優先度は最下位くらい。よって、師の
求めるものを見極め、目標達成に力を貸し、価値を認めさせる。
 師が弟子をとるのは雑用を任せるためだ。進んで雑用を引き受け、誰
よりも明るく、うまく、速く片付け、頼まれた以上の成果を出すよう心
がけよとのこと。
 
 弟子になったら、
 徒弟奉公の相場は2年以上。師が考えるように考える方法を学び取る。

 「卓越しに交わす賢人との問答は、一ヶ月間の読書と同じ価値がある」
 と、中国の古典を引用し、普段から月一回はミリオネアをランチに誘
うことを推奨しています。


私もヨーダに弟子入りしたい方、応援お願いします。
 ↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつも見ています。いつも更新感服します。僕も努力しないと・・・。もう寒いので体に気をつけて下さい。また遊びに来ます。
2008/11/13(木) 13:19 | URL | 昭夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/128-285824ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。