「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 茶くれは今年も投資が順調な成果をあげているため、大変な税金を払
わなければならない(2年前の3倍以上)ので、税率が変わるところで
収入を調整した方が良いのか確認してみました。

 以下給与収入対税金・税率のグラフを示します。
 サラリーマンは、給与=課税所得ではなく、大きく「給与所得控除」
と「所得控除」をさっ引いて課税所得が決まります。
「所得控除」は扶養控除など14種あり、人によって異なるため、一概
に計算できないのですが、とりあえず所得控除を100万として計算し
てみました。(家族持ちは200万くらい)
 住民税10%込みの値です。

20071010235313.jpg


サラリーマンは累進課税」で脅しを入れましたが、実は「給与所得控除」
にも「所得税率」にも金額別に控除金額があるため、指数的に税金は
上がるものの、階段のような不公平な部分は以外に小さく、滑らかなの
です。

 この先、年末までの投資収入だけを考えると、実質40%程度の税金
がかかってしまいますが、損するわけではないので、このまま前進する
ことにしました。

 所得税の計算についてはここだ!というわかりやすいお勧めのサイト
が無いのですが、
 http://www2.plala.or.jp/lifeplan/200612061515syotokuzei.htm
 などは図と表が多いので、概念はつかみやすいと思います。

 源泉徴収票などがあれば、国税庁のサイト確定申告作成コーナー
確定申告書類を作成でき、税額も自動計算してくれますので、皆さんも
ぜひ自分の税金を確認してみてください。
(確定申告は所得税のみ、課税所得の10%別途住民税が発生します)

 って言うか、お金を意識を高めるために確定申告してみることを強く
お勧めします。


目指せ!納税王
 ↓
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/126-68ba26f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。