「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「米ドル以外の通貨について」で、為替変動とスワップを加味すると、
香港ドルが一番安定しているが、香港ドルはお勧めではないと書きました。

 理由は、証券会社に依存するからです。
 以下に10/5終値時点の2社の証券会社を比較ました。
 理解しやすいように、原資は100万円、レバレッジは仮に3倍で
固定、相場変動は無視(\15.1/HKDで買って\15.1/HKDで売る)した場合
です。

USDHKD.48JPG.jpg

 マイナー通貨ほど、スワップ、スプレッド、手数料などが異なるため
に、証券会社によって大きな差が出てしまうのです。
(ポジションを組んでいる期間でも差が出る)

 このような通貨を比較的短期間で売買すると、為替変動だけを考慮しているだけでは、いつの間にか資金を減らしてしまいます。

 この辺を十分考慮しているならば、香港ドルは検討に値します。

 でもやっぱり、経済他の結びつきを考えると、米ドルのほうが信用が
 高く、初心者向けではない気がします。
 
 香港ドルを最大に活かすのは、米ドルとの連動性ですが、
 それはもっと後に紹介します。


香港ドルは手数料とスプレッドに注意っと 
 ↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/124-7f8c2ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。