「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日の読売オンラインの記事です。
 「FXを扱う証券会社の選び方(その1)」
書いたFX業者の淘汰予言を読んでくれていたのか、友達の○×さん
がメールで教えてくれました。

 よく読んでみると、近々の話ではなく、金融庁が2005年に実施
した、業務停止処分を命令した54社の債務超過業者の破産手続きが
近頃確定してきており、顧客への配当がゼロの場合がほとんどですよ
という記事です。

 FXの取り扱い業者は未だにここならOKというところはないんです
が、10年、20年のお付き合いを考えて、儲かっている業者を選ぶ
のがポイントです。

 記事にあるような「絶対儲かる」など営業が勧誘するなんてのは
もっての他ですが、手数料無料、スプレッド0なんて業者は絶対信用
してはいけません。

 今や上場業者も株の最安値を更新している状況です。
 気をつけましょう。

だいじょうV
 ↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
信託保全サービスについて
調べてからコメントしようと思っていたら、
なんだか日にちがたってしまいました。
まだちゃんとしたことはかけません。すみません。

外為どっとこむは最悪、
保証金の範囲では住友信託銀行経由で
帰ってくるようです。
まあ、びびたるものですね。

でも、それ以上に返す努力を
します見たいな事がかかれていましたよ。

ちゃんと理解してから書こうと思いますが。

いまはすみません。

記事は、その保証金すら帰ってきていないというこどでしょう。
せめて保証金は返しますという、
業者を選びましょう。
2007/10/02(火) 02:28 | URL | まるぺけ侍 #-[ 編集]
確かに万が一の対応は確認しておく
べきですね。
基本的に信託保全した金融機関に
直接アクセスできないので、FX
取り扱い業者の対応次第では、
なにも戻ってこないことになるんだ
と思います。
つぶれる場合は、事前に使っちゃう
でしょうからね。
2007/10/03(水) 07:27 | URL | 茶くれ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/118-42270517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。