「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 社会背景などの前置きが長引きましたが、「豊かな生活の実現化方針(お金編)
の記事に挙げた、収入UPの大本命である共働きについて説明します。

 あらためて言われなくても、とも思いますし、特にテクニックめいた事を
書けるわけではありませんが、私は日本を救う数少ない重要な解の一つだと
考えています。
時代を読む」の記事で、今は減収の時代であることを述べました。
非正規従業員はもちろんですが、正規従業員も出世による収入UPは並大抵の
努力では実現できなくなってきました。

 現在、企業業績の過去最高報道や、日経平均株価から景気は上向き(少なく
とも横這い)のような印象が強いと思いますが、景気が良いのは一流企業だけ
で、ジャスダックやヘラクレスなどの新興市場の株価は最低レベルであり、
格差が広がっているのです。

 よって、大多数の課長や部長クラスも成果を出すことが難しく、責任ばかり
が重くなり、査定を上げることは難しいのです。

 そんなハゲや鬱病になりそうな一流企業の課長の年俸が¥1千万としても、
ちっとも羨むことはなく、共働きなら十分上回ることができるでしょう。

 ちなみに働き方にもよりますが、年金も倍近くなります。夫婦で定年まで
働けば、月に40万程になり、子供に面倒をかけるもともありません。

 収入を上げるもっとも確実かつ効果の大きな方法 …ポイント①

 次に、「豊かな生活の実現化方針」の記事で2番目に資産運用と書きました
が、次のステップである資産運用を始めるための資金は、働いて貯めるしかな
いのです。世界一の投資家ウォーレンバフェットも新聞配達で運用資金を稼ぎ
ました。
 詳しくは資産運用編で書きますが、余裕資金を¥5百万くらい貯めてはじめて
実用的な投資を行うことができると思っています。
 数百万の収入UP効果がある共働きを強く推薦します。

 資産運用資金は働いて貯めるしかない …ポイント② 

 最後に、これが一番言いたいことなんですけど、共働きを実行するには幸せ
な家庭が前提になるからです。

 共働きしているということは、結婚していて、相方に働く意志があり、家事
と子育てに関して、夫婦間でなんらかの合意がなされているということです。
 親と同居することもプラスになります。
 共働きには、失われつつある家族の絆が必要なのです。

 さらに、今時の女性の幸せの概念は、お金にも時間にも自由があり、夫との
関係も対等、自己実現の場があり、楽しく生きる。です。
 共働きの中にも女性の幸せがあり、家族の幸せがあると思います。

 共働きができる家庭は幸せである …ポイント③
 
「茶くれサラリーマンの豊かな生活」が目指しているもの、少し理解頂けたでしょうか。

 ちなみに私は共働きのおかげで家の借金を5年で返済することができました。
 この場を借りて、妻および家族に感謝したいと思います。
 ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ。すばらしいブログですよね。
私は某証券会社勤務で3年目になります。
「今日の収益はどれだけできた?」ではなく、
「今日はどれだけいいアドバイスができた?」
と顧客第一の環境を維持してます
私のブログでも顧客第一としています
こちらのブログのようにすばらしいブログにもしたいです
よろしくおねがいします
2007/04/08(日) 18:18 | URL | 木下義孝 #-[ 編集]
なんか立ち上げたばっかりで、独り言をしゃべってるようで不安でしたが、こんなコメントをもらえるとすごくうれしいです。
木下さんはプロなんですね。ブログ拝見しましたが、日経先物をお仕事にされているとは、さぞ波瀾万丈な毎日でしょう。
これから色々教えを請うと思いますが、よろしくお願いします。
2007/04/08(日) 21:11 | URL | 茶くれ爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fertilesoil.blog98.fc2.com/tb.php/10-bda4a6b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
お金 貯める 方法とか話題ですねー♪きになります!!
2007/04/13(金) 18:50:46 | お金 貯める 方法 がだったなんて!!これありえん!!:お金 儲けすきすきブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。