「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日の日経新聞に記事がありました。
研修体制を刷新し、社内研修を20万→40万回
に倍増させるとのこと。

 ソフトバンクではすでに7月に孫社長やグループ
トップの後継者育成のため、ソフトバンクアカデミー
を立ち上げており、10月まで一般公募も行って
いるとのことです。

 教育は成果が出るのに時間がかかるし、費用も
かかるので、現場で教育に力を入れてくれる会社
は素晴らしいと思います。

 茶くれがサラリーマン時代、研修で後継者育成
に関するグループ討議があったのですが、バブル
崩壊後の社員は使えないという意外な共通意見があり
ました。

 はじめは、採用が少なく、高学歴に偏った人材で
あるため、優秀だが自己主張が強く、人の言うこと
を聞かないなどの議論でしたが、
 そのうちに会社側の育成にも大きな変化があった
ことに気が付きました。

 バブル後は不景気のため、教育を大幅に削減して
いたのです。我々が経験した、営業実習や工場実習
、事業所見学や幹部訪問、または幹部の抗議などの
カリキュラムがなくなっているのです。

 採用が途絶えたため、同年代が少なく、いろいろ
な話ができない環境であることも問題として認識
されました。

 今は研修制度や施設も充実しているのですが、
担当者は目の前の仕事に追われ、一部しか利用
されていないのが現状かと思います。

 バブル後の景気回復に伴い、採用の幅が増えた
ことで、バラエティーに富んだ人材が採用される
ことで、どうにか優れた若手が育っていますが、
これは本人のスキルに頼っている所が大きいと
思います。

 今過去の経験でやっていけるような事業は
日に日に少なくなっていて、もはや大企業と
いえども10年20年先はどうなるかわかり
ません。
 過去の功労者も努力なしには会社を支える
ことはできないのです。

 会社は今後どうやって成長し、そのために
どんなスキルが必要で、どうやって実現するか、
明確に答えられる会社がどれくらいあるでしょう
か。

 これからは、会社を選ぶとき、どんな教育
制度があるか、自分をどう育ててくれるかが
何よりも重要になってくると思います。

 今回のお題、カンブリア宮殿で今日放送
されるようです。

 新聞の他のページに31日のガイアの夜明け
の広告がありました。

 お題は
 「ゆとり世代を鍛えろ、人間性を磨く魂の教育」
 です。

 こちらも期待して見させて頂こうと思います。 

追伸
 今、記事を書いた後で、子供に一緒に見ようと
誘ったところ、

 「録画しておこうよ、ガイアの夜明けの
  他にもカンブリア宮殿とルビコンの決断も
  録画しよう」

 だって。小学生とは思えない回答でした。
 ルビコンなんて知らなかったです。
 教育ができてないのは茶くれだけかも
 しれません。

 日本の未来は明るいかも。 
スポンサーサイト
 この間、餃子の満州へご飯を食べに行ったときに、
旅館をやっていることをしりまして、あまりの安さに
すぐ予約して行ってみました。

 結果から言うと大満足です。とにかく安上がりです。
家族4人、2泊3日で食事入れて¥5万ですよ。

 コースメニューに飲み放題をつけても¥3500
(飲み放題は¥1000)。でも餃子の満州
ですから、単品で頼んでもこんなに食べられない
ので、単品注文で十分です。

 たまたま花火大会とぶつかっていて、近くの橋まで
見に行ったのですが、道路で寝ながら見れて、
ボリューム満点、素晴らしいです。
IMG_1614x.jpg

 老神温泉は、群馬県にあり、渓谷沿いにある
温泉街でとても落ちついています。
 旅館は新しく、会議室やパーティー
ルームなどもあるので、研修などでの利用もでき
そうでした。

 近くにふき割りの滝があります。
IMG_1544x.jpg


 子供が前に行った匠の里に行きたいとのこと
なので、一日はゆっくり匠の里で過ごしました。
IMG_1655x.jpg
 そばを自分たちで打って食べたり、お面を作ったり
大人も子供も楽しめます。
IMG_1664x.jpg

 帰りの日はロックハート城へ行きましたが、
空いていたので、ここものんびりできてよかった
です。
IMG_1744x.jpg

 餃子の満州って、「3割うまい」がキャッチ
フレーズなんですが、これを見ると、少しくらい
気に入らないことがあっても、なんだか納得して
しまいます。

 高級志向の人にはお気に召さないかもしれま
せんが、節約ファミリーにはもってこいの旅館
です。

 今後、給料が減っていくご時世。観光産業は
大打撃を受けると予想していますが、こんな
ところが、生き残っていくのでしょう。

 まだあまり知られていないようなので、
紅葉シーズンなどチャンスだと思われます。
 その後の状況です。今週は旅行に行ったので、
3日ほどサボってしまいました。
 旅行にも持参したのですが、周りに人がいて、
テレビがついているところで電卓を打てるほどの
実力はなかったようです。
電卓得点

 今週5回の点数全て1000点(緑線)を
突破しました。しかしながら、スピードには
ばらつき(赤線)があり、もっと早く打たない
と、本番では通用しない感じです。
 
 最近やる気が落ちてきたので、モチベーション
も上げて更なる上達を目指します。
 段位取得に向けた、その後の経過です。
電卓得点
 今週ついに2回ほど一枚目を終えるのに40分を
切りました。実は段位は2枚で計2400点満点なの
です。(ちなみに2400点は名人です)
 ついに段の領域に踏み込めまた感じです。

 とは言え、点数は落ちて初段も危うい状況です。
 7月末にも思ったんですが、スピードが速く
なると、いったん点数が落ち、その後正確性が
上がるサイクルのようです。

 今週の気付きとしては、
 手が勝手に打ってくれるような感覚を覚える
頻度が増えました。

 八ワンダイバーという漫画で、主人公が将棋盤
にダイブする場面がありますが、このような感覚
なのではと思います。

 コントロールできないので、上手くいかない
ときはまだ3分くらいオーバーします。

 今の状態では本番では出せないと思うので、
100% 40分を切る、または1200点
とれる状態に持っていくのが必須かと思います。

 他には、
  朝より夜の方が点数が高い、
  姿勢が良い方が点数が高いいう傾向があります。

 検定試験まであと一ヶ月あまりです。精進精進!
 会計や簿記の教科書では学べない事を学ぶために、
最近関係書物を広く読もうと思っているこの頃です。

 少し前に流行っていた掲題の本が、図書館に
あったので、読んでみました。

 一日で読んでしまいましたが、結果としては
内容がよくわかりませんでした。

 Amazonのレビューを見たところ、賛否両論です。

 茶くれのわからないところは、書いてあること
が、本当に有効なのかどうかです。

 個人的な自営業の経験では、必要不可欠な
支出を経費にしてこそ節税効果があるのであって、
経費獲得のために、不要なものを購入したり、
借金をするのはむしろマイナスだと思うんですよ。

 利益を出すのが目的ではなくて、借金や節税
が目的になっているような気がします。

 著者は資金繰りのコンサルをしていますが、
おそらく、会計士でも税理士でもなく、過去の
経験を活かす道として資金繰りに特化したの
だと思います。
 これは素晴らしいと思います。

 だから、この点をちゃんと説明してくれないと、
何が言いたいのかわからなくなってしまうのです。

 事業の失敗や粉飾決算など、俺は知らん。
 会計士も税理士も助けられない、お前が今
直面している資金繰りを俺は助けてやるんだ。
 と書いてくれれば少しすっきり読めます。


 この本を読んで再確認できた事があります。

 会社が会計上利益を出して喜ぶのは、株主や
雇われ社長や管理職の人達であって、
 実際の経営者は融資に問題なければ、黒字
化を必ずしも望んでいないということです。
 これは利益の分配の意味で非常に深いです。

 また、保険による節税が書かれているところ
があるんですが、これを読んで、
 前に橘玲さんの本に書かれていた、権力者が
合法的にマネーロンダリングするための金融商品
のことを思い出しました。

 法の目を逃れているのか、わざとやっている
のかわかりませんが、なぜそんなものが存在する
のか、法律が認めるのか。
 見えない世界の存在を感じます。


 今年のミニトマトの収穫が100個を超えたので、
記念に載せておきます。

IMG_1522x.jpg

 今年は簾(すだれ)の代わりに日よけの役割も
担っています。
 居間からいつでも見られるので、癒し効果も
抜群です。
ミニトマト2010

 今年は、トマトにとってははあまりよくなかった
感じがします。むりやり窓の面上に枝を導いたので、
一部枯れたりする所があり、実も長い間ほって
おくと駄目になってしまいます。

 今まではトマトの意思を尊重してたので、こんな
症状は初めてでした。
 収穫も少なく、成長も遅い感じです。

 味は相変わらず売り物とは比べられない甘さと
おいしさですが、来年はちょっと考えなおします。
 段位問題の経過です。
電卓得点

 先週確認できたスピードアップ(赤線)と
点数アップ(緑線)の傾向がくっきりと、
現れてきました。

 初段のしっぽがようやく見えてきた感じです。


 <今週の気付き>
 
 伝票はペン持ちしないで5本の指で打つの
ですが、今まではシリアルに数字をスポット的に
電卓のキーを追っていた感覚なのに対し、
0-9キー全部に指の視野が広がった感覚を
覚えました。
 キーを探す時間が無くなる感じで、連続で打つ
場合に早く、正確に打てる感覚です。

 昨日はペン持ちでも同じ感覚があったのですが、
今日はどちらの持ち方でも駄目でした。

 まだ自分のものにはできていないようです。

 これは推測なんですが、神経の伝達スピードを
超えるような打ち方をするためには、

 ・通常の頭とは別に、体に数字記憶のバッファ
  をもつ。
  (もしくは、まとまった数値を反射的に入力する)

 ・数字の記憶処理を1文字づつではなく、まとめて
  行う。

 の2つで実現するような気がしてきました。

 頭に長い数値をインプットしながら、体が勝手に
電卓を打つ感覚です。

 精進精進!
 前に日本は収入に対して支出が大きいこと
こそ問題だと書きましたが、
 
 社会実情データ図録に日本は世界と比較する
と十分規模が小さいことを裏付けるデータ
ありました。

 GDPに対する政府支出の割合と、
 労働人口に対する公務員の割合は、

 いづれもOECD諸国の中ではもっとも低い
レベルです。

 ということは、日本は相対的に税金が安い
ということになります。

 ただし、対極にあるのはスウェーデンや
ノルウェーといった北欧の高税率と豊かさを
同時に実現している国ですから、

 国がちゃんと仕事をすれば、それはそれで
有りだとだということでもあります。

 政府はなんで税率アップの理解のために、
こうゆうことを宣伝しないのでしょうかね。

 日本は皆さんにお任せしているので、国は
最低限のことしかしていません。それがいや
なら税金を払いなさいと。

 借金で賄うのは許せない事ですが、税金を
上げると、国民の反感を買うので、うやむやに
社会保険にシフトする国のやり方には一部納得
がいった気がします。

 そういえばこの間、日経新聞に、社会保険料
の滞納に対して国税庁が徴収する記事がありま
したね。 

 日本は税金や社会保険料の徴収機関が諸外国
比べて分割されすぎているのが特徴です。

 結論は、日本は税金を取るのが下手である。
ということですな。
 今日子供の公文の表彰があったのですが、
配布されたパンフレットに、最近怠慢な茶くれを
揺るがすものすごい子どもの記事がありました。

 小3から小6までの3年間で、算数、国語、英語、
ドイツ語を高校レベルの最終教材まですべて終わらせ
たというものです。

 どんなレベルかというと、一日の宿題が600枚、
毎日10時間勉強し、寝る時間もない生活に、親も
先生も止めたが、決して妥協しなかったとのことです。

 現在中一で、発明コンクールなどで優勝するなど、
才能を開花させているようです。

 この人には勝てないと思いました。
 このモチベーションはどこから生まれるのでしょうか。

 うかうかしてられません。 
 その後の経過です。
電卓得点

 やっと傾向らしきものが見えてきました。
時間(赤線)が少しずつ短くなってきており、
40分での点数(緑線)が上がってきています。

 今のところ850点と言ったところでしょうか。
 1000点、1200点の道は遠いです。


 最近確認してみたのですが、
見取り算1問の15個の数字の文字数は、
 以下のようになっています。

 3・4級 55~ 75 文字/問
 1・2級 90~105 文字/問
 段位   120    文字/問

 1級と段位は問題が倍になっただけで、
難易度は同じレベルかと思っていましたが、
確実に数値の桁数が増えていて、難しく
なっていることがわかります。

 茶くれは今、見取り算で1問40秒かかる
ので、1秒間に3回叩いている計算になります。

 日本一は一秒間に10回ですから、まだ
 3倍以上差があります。

 数字を見てキーを打つ神経の伝達スピードを
凌駕している気がしますが、どうやってこの領域
に到達するのでしょうか。

 とりあえず精進精進。
 簿記に関して、1級の勉強を1/3ほど終えた
ところで、9月からは、税理士の「簿記論」
「財務諸表論」へ進みます。

 日商1級や財務諸表論で「理論」なるものが
出てきて、ここで初めて会計の原理原則に触れる
ことになり、すべてのもやもやはここで解決
されるものと信じています。

 しかし、いまのところまだもやもやは積る
ばかりです。
 やっぱし、学習プロセスやカリキュラムが
いびつだと思うんですよね。

 例えば、2級で必ず出題されて、手間のかかる
項目に、社債の償却がありますが、2級で習う定額法
は実は例外なんです。と1級で教わります。

 他にも1級では、原則は論点が無い、試験にでない
と理由で、好んで例外をたくさん勉強します。

 ひどいのは、後入れ先出し法など、廃止されている
内容まで勉強することでしょうか。
 理由は、間違いを正す問題が出題された実績が
あるからとのこと。

 本当にきりがないんですが、先に進むと、どんどん
難しくなるため、上のようなことが当たり前になる
ところが恐いです。

 2015には国際会計基準IFRSが適用されるとの話が
あります。日本会計が世界にさらされるわけですが、
 鬼と出るか蛇と出るか、楽しみ楽しみ。
 茶くれは、家族の分も含めてパソコンは部品を
買ってきて、自分で組み立てます。

 いつの間にか、古くなった部品が4setほど
になり、しまうところもなく、部屋を狭くする
原因となっているので、ついに捨てる決心を
しました。

 焼却場へ持っていくと、パソコンは引き取ら
ないとのこと。パソコンのリサイクルの話は
知っていますが、メーカーなんて無いんだから
どこにもってったら良いのかわかりません。

 仕方なく、近所を回っている廃品回収業にお願い
すると、デスクトップ4台のケースと基板で、
1万5千円ですと。
 ありえないでしょう。ケース4台の新品の
値段と同じですよ。

 仕方がないので、引き取ってもらいました。
すごく納得できない気分です。
 今日もう一つ気になったニュースがあります。
38都道府県で人口減となったというもの。

 あれ!っと思いました。昔見た自殺率のデータ
と似ている。

 調べてみると、
 自殺率の高い順に

 ①秋田県
 ②青森県
 ③岩手県
 ④島根県
 ⑤新潟県

 人口減少率高い順に
 ①秋田県
 ②青森県
 ③岩手県
 ④山形県
 ⑤島根県

 調査時期は違うんですが、ものの見事に一致
 しているではありませんか。
 逆に人口の増えている県は、自殺率も低いです。

 秋田の人口減は1万人ほどで、自殺者は460人
 程なので、自殺が人口減の直接の要因ではあり
 ません。

 これはマイナスのオーラが出てるってことですね。
 活気というものが本当に存在するようです。

 心の豊かさを求める茶くれには、興味深い結果です。
 なぜかはわかりませんが、今後とも着目したいと
 思います。
 今日の日経の記事です。
 新聞の方にも大きく出ていました。

 バブル崩壊後の失われた20年の話です。いつの
間にか10年が20年になりました。

「戦後世界を驚嘆させた経済大国は何を間違えたか。
 成功のおごりか。痛みを先送りする「根拠なき楽観」
 か。問題は日本人の多くがこの危機に危機感を
 覚えなくなっているところにある」

 根拠なき楽観とは上手いことを言います。

 茶くれは経済の素人ですが、前半は頂けません。
物価の高い先進国の仲間入りをしたのだから、
国内需要は無いし、モノ作りが人件費の安い中国に
移ったのは誰が見たって必然です。

 何かを間違えていると思っているのは、相当
危機感がない証拠です。

 記事は公金注入が遅れたことなどが書かれて
いますが、起きてしまったことに対する対処
を考えるのもピンボケなような気がします。

 一番いけてないのは、借金でレバレッジ
をかける方法が常識化していることです。

 ばくちだって事を誰も認識していないようです。

 商売始めるとき、
 会社を興すとき、
 家を建てるとき、
 車を買うとき、

 借金をするのは当たり前だと思っていますよね。
 これはアメリカの住宅バブルと同じですよ。 

 返す当てが確定していないのに当然のように
借金をする。

 時間がたてばお金が増える。そんな時代じゃ
ないことに誰も気づいていないんでしょうか。

 不良債権処理に公金注入するのは借金のつけを、
また借金で解決するということです。

 日本は今後何で生きていくのか、
 収入はどれくらい見込めるのか、
 支出はどれくらいにしないといけないのか、

議論すべきはここじゃないでしょうか。
収入の3倍使っている状態は異常としか言い
ようがありません。

 みんながこれを叱ってやれる大人になら
なきゃだめってことですね。

追伸

 新聞の「世界を語る」というところにMIT
教授のコメントがありました。
 外人はさすがです。見事に日本を叱って
くれています。

 日本の景気対策についてどう見ているか
という質問に対して、

 「景気対策が最も下手な国という賞があれば、
  日本は間違いなく受賞する。
  日本政府は輸出が上向いているというが、
  輸出依存が続くようなら失われた20年が
  30年になるだけだ」

 とのこと、笑ってしまいました。他に
 内需の重要性、
 アメリカは2000年以降に生まれた
 ビジネスが経済を下支えしている、
 産業主体から知識主体の経済に移行している、
 など興味深いことがズバズバ書いてありました。

 内需は幻想だなんていう人もいて、正解は
無いんですが、概ね茶くれと同じ考えで心強い
です。

 茶くれも今後内需で知識で生き残る覚悟です。
 一週間ちょっと点数を追ってみましたが、
時間も点数もまったく上達がみられません。
 むしろ悪化したような気がします。

 集中力や精神状態がよほどよくないと、
正確さとスピードを両立させることがで
きないです。
 電卓得点

 本番は違った緊張感があるので、コンスタント
に40分で1200点をとらないと初段は危うい。

 何か違う方法を試したいと思いますが、
ネタがありません。

 とにかく、継続、継続。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。