「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 もう来週の日曜日7/4が1・2級の試験です。
 未だに試験時間内にすべて終わらないんですが、
今日初めて問題集で合格点を取れました。

 最近計算結果を信用できるようになってきたん
です。時折無意識に打てる感覚を感じように
なってきました。
 もう少しで壁がやぶれるかもしれません。

 でも点数的には3級の一週間前の状態より
格段に悪いので、とにかく時間を見つけて練習
するしかありません。

 ここに来てあらためて思うのですが、会計系の
勉強をするにあたっては、電卓1級のスキル
(正確さとスピード)は早いうちに必ず身に
付けるべきだと思います。

 理由は2つ、

 1つは時間のロスが大きいこと。
 簿記や他の勉強と並行して取組むことに
なりますが、問題を読む時間、考える時間、
見直す時間が奪われます。  
 茶くれは3級ですが、今まで計算結果を信用
できなかったので、計算をし直します。
 日頃の勉強時間を大幅に奪われることに
加え、試験でも非常に大きな影響があります。

 2つめは後で、取り返すのが難しいこと。
 勉強は先に進むほど難しくなるので、先延
ばしにするほど電卓に時間を割く事ができなく
なります。
 
 独断と偏見で、
  簿記3級前に電卓3級(ブラインドタッチ6桁計算)
  簿記2級前に電卓1級(計算結果を信用できる)
  税理士、会計士なら電卓の段位取得(高速・高信頼性)
 を事前に行うべきでしょう。  
スポンサーサイト
 今日の日経の記事にありました。
 この間140万人と言っていたのに、確実に
増えてますね。

 いまや日本人の73人に1人は100万ドルの
資産を持っている時代。
 なんか実感がわかないと思っている人は、
世の中が変化していること、今後益々格差が広がる
社会に気付いてないのかもしれません。
 ぎっくり腰を起こしたのはこれを作るために、
雨で水がいっぱいのハイポニカを持ち上げた
せいです。

 去年までは手前の広いところでやっていましたが、
今年は洗濯物や布団を干す邪魔をしません。
 IMG_1465x.jpg

 あと半月もすれば、すだれの代わりにトマト
が日差しを防ぐでしょう。
 (大きくなったら向こう側も拡張)
 材料代は1300円也。
IMG_1472x.jpg

 入院前に既に花は咲いていましたが、
IMG_1458x.jpg

 帰ってきたら実を付けていました。
IMG_1467x.jpg

 部屋の中から見るとこんな感じ、
IMG_1464x.jpg

 早く弁当のおかずになってください。
 続きです。今度は夜のお話。
 夜は色々な入院患者が合唱します。

 隣の爺さんには何回も起こされますが、
最後の方は楽しみになってきました。

 最高なのがこれだー 

「寒いよ~死んじゃうよ~」

 冷房がついたので、確かに寒い、
しかし、突然宮崎の牛の話になりました。

「口蹄疫問題が解決しておりません」

 流暢に口蹄疫問題を長々と訴えます。
 万を持して訴えた内容は、

「東国原知事、足に布団をかけて下さい」

 思わず噴出しました。でもこれは序の口

「全国のみなさん、助けて下さい」
「助けてください」と益々声が大きくなります。

 そしてついに、

「私は東国原知事です」

 反応がないので、
「どうして誰も助けてくれないんだ」
 と発言が弱気になり、そこでナースコール

「誰も助けてくれないんだよ。
昔は牛を穴を掘って埋めたんだよ」

看護婦さんの対応は流石です。
「今は夜だから明るくなってからやろうね」

「明日手伝ってよ」
看護婦さんすでに退場済みです。

 おかしくてたまらない。
 実は先週水曜日6/13に、ハイポニカのトマト
でベランダに棚を作ろうとしたところ、ハイポニカ
を持ち上げてぎっくり腰になってしまい、急遽
入院する破目になってしまいました。

 今退院してきたところなんですが、生まれて初め
ての体験をいっぱいしてきました。

 たくさんドラマもあったんですが、まずは、
人生初体験をつづってみたいと思います。

 1.ぎっくり腰
  初めてです。ベランダで動けなくなってしまい
  ました。でもあまりにも日差しが暑いので、
  何とか這って部屋に入りそのまま上を向いて
  翌朝まで固まっていました。

 2.救急車で運ばれた
  サイレン鳴らさずにと言ったのに、ガンガン
  鳴らしてやってきました。消防車付で。
  近所の皆さんが出てきたのはもちろんですが、
  痛くて運ばれるのが大変でした。
  布の担架は痛くてどうしても無理で、樹脂の固い
  担架に変えてもらい、ようやく救急車に乗る
  ことができました。
 
 3.入院
  めったに病院行かないんで、入院も初めて、
  夜は幽霊でも出るかと思って覚悟しましたが、
  夜は患者の方が賑やかで、大変です。
  これは別に記事にします。

 4.点滴
  これも初めて、一回ぐらいはいいのですが、
  毎日打たれると、腕が穴だらけになるのと
  たまに失敗するので、嫌なものです。
  最後の日、あと2時間で退院って時に打とうと
  するのでいらないでしょって看護婦さんに
  言ったら、もったいないと言うので、負けて
  しまいました。

 5.尿瓶でオシッコ
  屈辱だなとも思ったのですが、意外に快適
  トイレ行くよりよっぽど楽。
  「看護婦さーんオシッコ出ました。」
  って王様気分です。

 6.隣の爺さんも尿瓶でオシッコ
  他人のオシッコは許せない!看護婦さんが
  片付けてくれるまで、オシッコの臭いから
  逃げられません。
  夜が長時間さらされるので、厳しいが、
  流石に飯時は堪忍袋には収まらない。

 
 7.病院食
  まったく動かないんで、量も内容も
  ちょうど良い感じです。起きられないので、
  連日主食はオニギリ+汁物なしでした。
  質素なのでこれは痩せると思いましたが、
  帰宅後もまったく同じ体重でした。
  見事なカロリーコントロール!

 8.寝ながら食事
  起きられないので、ベッドに食事を置かれる
  んですが、完全に頭を枕に付けて飯です。
  こんなお行儀悪いことしたことない。

 9.しかも左手でフォーク
  左手のみで御飯を食べたのも初めて、
  上を向いてフォークで食事する姿は
  なんとも情けない。

 10.歩行器で歩く
  学校行くために、リハビリリハビリ。
  アンヨは上手。

 だいたい以上です。

 全体的な感想は、自分含めて色々な患者さん
がいるわけですが、看護婦さんの溢れる愛情に
心を打たれましたね。世の中世知辛いですが、
こんなにも暖かな環境があるのかと思い、
安心しました。

 病気ってなったらどうしようもないじゃない
ですか。砂漠にオアシスとはこのことですね。
神は子羊を見捨てないって確信しました。
 前回教材の話が長くなってしまったので、今回は
戦友の文具の話。

 過去何回か記事を書きました。シャープペンには
特に思い入れがあります。
 
 筆記用具について
 筆記用具について(その2)
 筆記用具について(その3)

 2ヶ月を戦ってきたジェットストリームの
多機能ペンが最大の功労者なのですが、
 日商の試験の時には、新発売されたグリップ付
のクルトガがレギュラーの座を奪っていました
から、試験のとき悩みました。

 なので、試験前にこの2本と相談してみました。
何も言わないペン達ですが、
 先輩のジェットストリームが、問題文へ小さな字
で数値の書き込みをするので、間違えないように
クルトガを使ってくれと言っている気がしました。

 なので、試験はクルトガを使いました。

 この話は後日談があります。
試験後、学校で分析用に生徒の答案を再度作成させて
提出させる機会があったのです。

 茶くれは迷うことなく今度はジェットストリーム
の多機能ペンを使いました。
 同じ問題を全て同じ内容で回答することが出来
たのです。

 終わった後、ジェットストリームは満足している
かのようでした。この事を知っていたかの用でも
あり、流石先輩、茶くれよりできているなと思い
ました。 

 電車の中(複数のペンを使えない)や、
 電卓(軽い)、採点時(赤ペン)は今後とも
 ジェットストリーム多機能ペンを頼ります。

 今後ともよろしくお願いしますね。


「uniのジェットストリーム」多機能ペン


「uniのラバーグリップ付クルトガ」シャープペン


 6/6(日)実施の検定試験の合格発表が
今日ありました。

 結果は合格!しかも商業簿記、工業簿記
共に満点でした。

 あくまでも簿記2級は昨日実施の日商が目標
(7月発表)ですが、茶くれ的には電卓に続き、
2発目の結果が得られ、飛び上がるほどうれしい
のです。

 誰も褒めてくれないので、ちと寂しいのに加え、
明日からまた別の目標に向かうので、今日しか
この感覚を味わうことは許されません。

 だからここで、自分で自分を褒めることを許して
下さい。
 本当によくやった!

簿記2級教材

 上の写真は4月からの教材と一緒に戦った
戦友の文具達です。

 教材の総厚さ 42.5cm
 3級が      6.5cm
 2級が      35cm
 電卓が     1cm

 まったく手がつけられなかったのが2冊含
まれていますが、ほとんどやりました。

 これから2級を目指す人はこれを参考に
してもらえると良いかと思います。
 これくらいやれば、絶対に受かりますし、
試験場で緊張することもありません。

 極端な話、茶くれの隣の席の人は試験前に
学校が終わった後、雀荘へ行っていましたが、
前の日に明日の心配をしなくても良い気持ちは
茶くれも同じでした。

 しかしながら、終わってみれば、少し過剰な
気もします。
 数回の受験を覚悟して、合格の70点を目指す
なら、テキストと過去問を2~3回回せば良いと
思います。
 この量は、一回の受験で、クラス全員が合格し、
半分以上の人が満点を出すくらいのレベルです。
狙いは100%合格です。

 茶くれはクラスで下から1/3くらいのところ
でしたから、決して優秀ではありません。

 上には上がいて、この量を事前にこなし、
直前期間はやることがなくて補助プリントを
要求するような輩がいます。

 この人たちは、事前の模試でも100点を取り
続ける宇宙人です。
 この後も上位の資格を目指して長い間、この
宇宙人達と戦わなければいけないと思うと、どう
しようかと思ってしまいます。

 とにかく、これくらいやれば誰でも受かります。
 茶くれが保証します。
 ついに今日簿記の簿の字も知らなかった茶くれ
が、2ヶ月かけた勉強の成果が試される日がやって
きました。

 6月に入って学校は1日も休みがありません
でした。
 学校が一日11時間、電車の中、帰宅後も勉強し
ました。
 正直こんなに勉強したのは生まれて初めてです。

 でも、今の心境はすがすがしい気持ちです。
 人事を尽くして天命を待つといったところで
しょうか。

 今まで一夜漬け人生を歩んで来ましたが、
昨夜は勉強をせず、家族と一緒に過ごしました。

 昨日学校は早く終わったのですが、終わりの
あいさつで先生は涙ぐんでいました。こんなに
真剣な先生方でよかったと思います。
 学校にも深く感謝しています。

 あれほどクラス全員合格と言っていた先生
でしたが、昨日は皆によくやった、そこまでは
もう望まないと言っていました。

 でもなんだか実現できそうな気がします。

 まだ試験も受けていないんですが、今まで
やってきたことは、間違っていないと思える
2ヶ月でした。

 簿記に対する思いは未だに整理できませんが、
勉強の仕方を知り、これからの人生の基礎が
できた気がします。これはすごい収穫です。

 と言うわけで、学校のため、先生のため、
クラスのため、家族のため、そして自分のために
今日の試験がんばります。
今、日経の見出しのトップ記事ですが、FOXCONN
の従業員自殺をきっかけに、中国では製造業の賃上げ
が広がりそうです。

 茶くれは去年まで、現場にいましたから、よく
わかります。

 中国は日本の4倍のスピードで成長しているので、
数値はすぐ古くなり、正確ではないと思いますが、
茶くれの感覚では、

 依頼する側から見た工員のレートですでに1時間
あたり、¥150から¥500くらいに上がってい
ましたが、工員の給料は1万円に満たない額だと
思います。

 都市圏の中国の物価は日本の1/4くらいです
から1万円で生活できないのは容易に想像できます。

 工場労働者は、遠い田舎から出てきているので、
工場内の団地のようなところに押し込められて、
休みに帰省するお金にも困っています。

 日本人と交渉する課長クラスでも月給¥5万、
係長クラスが¥2万、夜のお仕事をする女性も
¥5万くらいです。

 中国の若者は日本人よりはるかに優秀です。
 ついにこの人たちが豊かになる時代が来たの
かと思うと、茶くれは心から良かったと思います。

 これから何がおこるのか。
 
 今までこの人たちをこき使ってきた台湾人が
困ります。儲からなくなります。
 台湾企業に仕事を頼んでいる日本企業が
困ります。儲からなくなります。

 かつての日本と同じように、中国の中流層が
劇的に拡大し、さらに強い中国、自立した中国
へと進むでしょう。

 茶くれは中国の若者の目の輝きが今でも忘れ
られません。きっと日本に取って代わる日が
近い将来やってくるに違いありません。
以前クルトガを諦めた記事を書きましたが、
欠点を克服したラバーグリップつきのものが
ついに発売されました。



 単機能のシャープペンをこれ以上持つ必要は
ないとも思いましたが、電卓合格のご褒美と
して買ってしまいました。

 思った以上にグリップがやわらかいのですが、
なかなか良いです。簿記の模擬試験にも耐えま
した。
 しばらく使ってみてまたレポートします。


 ここまで来ると、さらに欲が出るのですが、
以下の機能を持つ多機能ペンが実現されれば、
倍の値段でも絶対買います。 

  ジェットストリームボールペン(黒と赤)
  クルトガシャープペン
  蛍光ペン(黄色)
  ラバーグリップ付
  全て換え芯が使える
  (お尻の消しゴムはいらない)

 段階的でもかまわないので、
 ユニさん是非よろしくお願いします。 

 または、消せるインクの使い勝手が鉛筆を越え
れば、シャープペンは不要になるので、今の
多色ペンでもOKです。
 またまた電卓の話題ですいません。

 今日、5月16日に受けた試験の合格発表があり、
見事3級合格致しました。

 窓際で日差しが気になったのと、伝票が練習して
いるものと違い、めくり難かったかったので、
自信はありませんでしたが、結果は出ていました。

 大した資格ではありませんが、会社を辞めて初
の成果なので、とてもうれしいです。

 そして今日1・2級の申し込みをしました。
 7月4日が試験日なので、またがんばります。

 日本電卓技能検定協会

 この電卓なんですが、最近すごくいい感じです。

 電卓を打っていると座禅を組むがごとく、精神統一
ができるのです。
 今、簿記の試験前なので、学校での電卓時間は
無くなってしまいましたが、茶くれは毎朝学校で
授業が始まるまで、電卓を叩きます。

 余計なことを考えることなく、心を落ち着かせる
ことができます。
 たかが電卓、されど電卓、心の修業にも
オススメです。
 いよいよ6/7に3・4級の合格発表があります。
 電卓を握って50日あまり経ちましたが、
未だに速く打てません。

 インターネットで検索してもこれっていう
情報ないんですよね。

 簿記の試験で2時間の試験を1時間ほどで
やってしまう人がいるのですが、この人たちは
もれなく電卓が上手です。 
 
 最近時間を短くして簿記の模試をやるんですが、
茶くれは時間を短くされると極端に点数が落ち
ます。

 恐らく、簿記2級でも、電卓1級レベルの
電卓能力が必要なのだと思います。

 今、1・2級の練習をはじめましたが、問題を
全部解くと10分オーバーしてしまいます。

 これではいかんと思い、日曜に3回模試をやった
上で、今日学校で気付いたんですが、
 ずばり数字を先読みするのが効果的です。

 今まで、数字を見て、キーを打って、の繰り
返しだったのですが、先の数値を見ながら打つと
流れるように打つことが出来ます。

 今日は時間内に終了することができました。 
 これはすごいと思いましたが、結果は間違い
だらけ。正確に打つこととは別なようです。

 今後も練習に励み、7月には1級を目指
します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。