「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 4月から、2級を目指して、わりと簿記漬け
の毎日を過ごしており、何度か記事にしようと
思ったのですが、なかなか簿記についてまとまった
考えを持つことができません。

 なので、現時点のとりとめのないことをメモって
おきます。

 簿記の先入観としては、先に自営業で青色申告
をしていた事もあり、実務としては今後簿記の
知識がなくてもパソコンに置き換わってしまう
もので、通過点としての資格取得だと思っていました。

 しかしながら、勉強を始めて、帳簿の意義が
わかったような気がします。
 簿記はあらゆる取引を2重に記載します。2重
に管理して、間違いがないようにしているのです。

 基本的な問題を解いていて、間違うと、計算が
合わないので、間違っていることがはっきりわかり
ます。これはすごいことだと思いました。
 コンピューターがない時代だからこそ、複雑
な数値を(極力)間違いなく管理、集計、評価
する仕組みが出来たのだと思います。

 で、3転するのですが、勉強が進んで試験問題
に接してみて思うのですが、試験はこの偉大な
効果を逆手にとって、2重の記載のうち、一方
の過程を穴埋めにして出題するのです。

 これって本末転倒ではないかと思ってしまい
ます。間違わない仕組みなのに、間違うような
問題にするのです。
 それも年々問題はマニア化しており、言葉尻
で判断させたり、教科書にない答えを推測で答え
させるようになってきているようです。

 資格の判断基準に文句を言うことは出来ないの
でしかたのないことですが、しっくりきません。

 本来の主旨から言えば、間違えさせえて70点
を合格点にするのではなく、
 間違えない仕組みを活用させて、100点を
合格点にすべきです。

 間違った帳簿なんてまったく役に立ちません
からね。
スポンサーサイト
 今月の目標である電卓検定を5/16日(日)に
受けてきました。

 日本電卓技能検定協会

 3・4級を受けました。
見取り算、乗算、除算、伝票算の4種の問題を
40分で解きます。

 1200点満点中、1000点以上で3級、
800点~999点で4級です。

 連日学校で合格点を出していたものの、
窓際で日差しが電卓に当たるのと、伝票が
わら半紙みたいな紙のホチキス止めで、
指でめくれず、どぎまぎしてしまい、
結果は天命を待つ次第です。

 電卓って、右手か左手か、ペンを持つのか
持たないのかなど、やり方に迷うんですが、
インターネットで調べても、あまり情報が
ないんですよね。

 私はペン無しの右手ではじめたのですが、
どうも実際簿記などで問題を解きながら計算
するには、ペン持ちか、左手で打たないと
役に立ちません。

 あれこれ試しているのでいっこうに
うまくも早くもならない始末。

 次回は2ヶ月後ですが、なんとか一級くら
取りたいものです。 

 パソコン時代に電卓なんてと思いましたが、
電卓って、ブラインドタッチができて、
メモリー機能やGTボタンを使いこなすと
見違えて便利なものになります。

 お試しあれ!
 勤めているときは車通勤でしたから、電車で
通うのは大学以来20年ぶりなのですが、
 気になる事があります。

 毎日のように電車が遅れるのです。私鉄も
地下鉄もです。私だけではなく、毎日数人は
電車の遅れで遅刻してきます。

 正確で有名な日本の電車ですが、近頃変わって
しまったのでしょうか。

 遅刻すると説教なので、遅延証明取るべきか
毎日ドキドキしながら通っています。

 もう少し早く行けって?
 子供を学校に送り出すので、15分のマージン
が限度なのです。

 こんな事が気になるなんて心を無くして
いるのかな。
 4月に仕込んでおいたミニトマトの芽が出ました。
IMG_1450x.jpg

 1年目は1500個の大収穫、2年目は数えて
いませんでしたが、同じように12月まで収穫しま
した。3年目のトマト栽培開始です。

 今、毎日自分でお弁当を作っているので、例年
より役に立つものとなりそうです。

 今日は、去年のトマト栽培から放置していた
ハイポニカを掃除しました。
 もう少し根が張ってきたら、この芽をハイポニカ
に移します。
 4月から数ヶ月の目標は、5ヵ年計画のベース
となる資格取得です。

 5月 電卓技能検定 3級
 6月 日商簿記検定 2級

 内容は高校生レベルですが、茶くれは
生粋の理系のエンジニアなので、ほとんど
初めての試みです。

 目下張り切って勉強中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。