「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 社会保険の切り替えで、だいぶ世間の洗礼を受けて
いますが、今日は私的な部分で諦めなければならない
もの
の話。

 預金の出費を見直してみると、光熱費や保険金、
固定資産税から通信費、生活費と、子供の習い事、
あれあれ? 減らせるものがほとんどないんです。

 今回の退職は、客観的には共働きなので、次なる
飛躍まで、かみさんに養ってもらうのですが、

 生活費は私の口座から引き落とされるので、
無職の私の口座が、生活と自分への先行投資を支える
ことになり、このままでは近い将来、残金が無くなって
しまうことになります。

 かみさんのお金には手をつけないのが暗黙の了解
事項なので(でなければ辞めさせてくれないでしょう)
これはちょっと思ったより厳しいなと思い直しました。


 よって、まず車を手放すことにしました。
 税金、保険金、車検、消耗品、ガソリン、駐車場
のお金を考えると、維持費は月2.7万円ほどになり
ます。
 (参考で車両のコストを入れると200万クラスの
  車10年乗って4.4万円/月ほど)
 
 車は学生のころから乗っていましたし、今まで
の人生で生活のレベルを落としたことないですから、
かなりショックです。

 さらに、車を車庫にしていた通勤用の折りたたみ
自転車も、今日リサイクルショップへ売ってきました。
 状態は良好ですが、小さい自転車は高くうれない
とのことで、¥1000で引き取ってもらいました。
(交番で防犯登録をはずしてもらう必要があります)
折りたたみ自転車x

 その後、車を購入したディーラーへ行って車の
引取手続きをしました。価格は31万円。
 その時、長年世話になった担当の人が、3/31で
定年退職したことを知りました。

 なんだか切ない気持ちでいっぱいになってしま
いました。車しか書けませんでしたが、今日は
この辺でおしまい。
スポンサーサイト
今日は退職処理の最後のビッグイベント、
失業給付金をもらうための手続きに、生まれて初めて
ハローワークに行ってきました。

 今日のポイントは
 「失業給付金の道も一歩から」
 長い戦いがはじまったのであります。

 今回も社会勉強のために息子を誘ったのですが、
かたくなにいやだと言うので、一人寂しく行って
きました。

 朝9時過ぎに行ったのに、中に入れない車が
道路にいっぱい並んでいました。不景気を甘く見て
いる事を実感しましたが、
 意外に求職者を含めて、雰囲気は明るく、
社会の病院といった感じでした。

 用意するものは以下(ハローワーク参照)
 1)求職申込書
 2)雇用保険被保険者離職票(-1、2)
 3)雇用保険被保険者証
 4)本人確認、住所及び年齢を確認できる官公署の
  発行した写真つきのもの(運転免許証等)
 5)写真(たて3cm×よこ2.5cm)2枚
 6)印鑑
 7)本人名義の普通預金通帳

 私は2)3)だけでなく、1)も会社からもらったので、
記載した上で、行きました。

 過去の栄光を噛み締めると共に、ただの過去に
なってしまったことを実感できる瞬間でした。

 2箇所回るんですが、合計2時間かかりました。
手続きにかかるのは10分くらいで、残りは
待ち時間です。

 あらためて2週間後に説明会が実施され、ここで
 「雇用保険受給資格者証」
 「失業認定申告書」
 が発行されます。

 働く気がある者にしか失業給付金はでないので、
これから月2回くらい就職活動していることを報告
しにいかなければならないらしい。

 自己都合退職は、給付されるのに3ヶ月間の
給付制限がつく上に、私の場合で4ヶ月しか支給
されないので、大変不利なのです。
(会社理由なら失業約7日後から8ヶ月間もらえる)

 もらえる額は、文章では給料の5割から8割って
書いてあるんだけど、私の場合余裕で上限に引っか
かってまして、3割くらいしかもらえません。

 サラリーマンよさらば!
 今日市役所へ行き、国民健康保険と国民年金の
手続きを済ませました。

 病気になれない緊張感と老後の心配から少し開放
されました。

 国民健康保険の手続きに必要なものは、 
 ・健康保険資格喪失証明書(元の会社で発行)
 ・写真のついた身分証明書(免許証で可)
 ・ハンコ

 国民年金の手続きに必要なものは、
 ・年金手帳
 ・退職日を確認できる書類(上の健康保険資格喪失証明書で可)
 ・ハンコ

 手続きは簡単なんですが、やっぱり厳しいです。

 支払いは共に後日資料が届き、金融機関やコンビニへ
直接払いに行かなければならないとの事。

 年金の保険料は1/6になりますが、もらえる額も
約1/6って事ですし、
(実質今まで会社が半分負担金額を含めての話)

 健康保険料は去年の住民税ベースで取られること、
さらに、会社理由じゃないので保険料が3倍以上
取られること、
(会社理由の退職なら収入が3/10で計算される)

 不利ったらありません。

 負けないぞー!

 今回唯一の収穫は息子を連れて行ったことでしょう
か、市役所には初めて来たといっていました。

 上の手続きがなぜ必要になって、市役所ではどんな
ことをやっていて、なんでこんなに待たされるのか。

 なぜ市役所の階段は変な風に曲がっていて、建物が
豪華なのか。

 なぜ食堂の食事が意外と美味しいのに安いのに、
人が少ないのか。などいろいろ話をしました。

 息子は茶くれの退職が、良くない方向に行くと
思っていたようですが、これからやろうとしていた
ことも話をして、少し安心したようです。

 帰宅してから、本屋に連れて行ってくれと言う
ので、何の本を買うのかと思ったら、
 「13歳のハローワーク」が欲しいとのこと、
 笑いました。ちっとも安心していないようです。

 退職祝いにもらった図書券¥3000で、
買ってあげました。

 会社を辞めて大変なこともあるけど、やろうと
していた良いことの一歩も、踏み出せた気がします。 


 盛大な送迎会を開いて頂き、3/31に無事退職
することがでました。
  
 しかしながら、事務手続きが完了していないもの
がたくさんあるんです。

 大きなものが「健康保険」と「年金」です。
 現時点で子供を含めて健康保険証がない状態に
なってしまいました。
 ちょっと危険を感じます。

 今回言いたい事は以下です。

「退職を会社に伝えるのは、2ヶ月くらい前がよい」

 就業規則では2週間前、
私は1ヶ月前を狙ったのですが、言いそびれて
3週間前に会社に伝えました。

 引継ぎなど、仕事もたくさん残っているし、
送別会で定時後の時間もつぶれる事もあって、
実際手続き間に合わないです。
(有給消化なんてありえない)

 意外な事実は、雇用保険(旧失業保険)を受けるに
は、会社の健康保険を継続できないことです。
 子供の分を妻の方へ移すこともできません
でした。

 国民健康保険へ切り替えるわけですが、会社から
発行してもらう「健康保険資格喪失証明書」が
必要になります。
 しかし、この手続きは会社から直接指示され
なかったため、気付いたのが3/30。4/1に
発行してもらい、やっと今日市役所に手続きに行く
ことが出来るのです。

 その他、持ち株の解約なども証券会社に口座を
作る必要があることから間に合いません。

 雇用保険をもらうための離職票などはまだ、
半月先の予定でぜんぜん間に合いません。  

 まあ、自業自得なんですが、最低2ヶ月ないと
安心して4/1を迎えられないことを実感しました。

 ・年金や健康保険など、今後の人生を左右する
  問題ですし、
 ・4/1を超えると、無職になりますから、
  書類自体が矛盾しますし、
 ・手続きに会社に行くのは恥ずかしいし、
 ・関係者にも迷惑がかかり、

 非常にかっこ悪いことになりますので、

 なかなか難しいことだと思いますが、退職の
意思は早めに伝えた方が良いというお話でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。