「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「3つの真実」に怒りなどの攻撃的な感情は2次的な
感情で、その前にある1次の感情を受け止める必要が
あるとかいてあるんですが、

 自分の中で考えてみても、感情のボキャブラリが非常に
少なくて実感できないことがわかりました。

 インターネットで感情について調べてみましたが、
ウィキペディア(Wikipedia)以上の事はわかりませんでした。

 なんだか非常に情報が少ないことにビックリしましたが、
心理学を勉強すると、きちっとまとまっているんでしょうか。

 とりあえず、感情の一覧を元にマッピングしてみました。

 左が快い感情、右が不快な感情、真ん中はどちらとも
関係しているもしくは分類できない感情です。

 マル枠は茶くれが補ったものです。

感情


 一応上が静的なもの、下が動的なもので並べてみました。
 でも、どうも整理できないせいかピンとこないです。

 学問的に整理がついているのかもしれませんが、取り
あえず、それは飛ばして、身近な例について、攻撃的な
感情を生む1次感情について、考えてみることにします。


 <追伸でーす>

 感謝という感情で、超伝道氏の恩師から聞いた素晴らしい
話を思い出しました。

 「感謝の反対はなんでしょう?」

 茶くれも答えられませんでしたが、いまだかつて、他人に
聞いてみても答えられた人はいませんでした。

 答えは「あたりまえ」とのこと。

 これはすごいことを知ってしまったなという感じです。
 感謝するってなかなかできないことですよね。

 感謝するためにはどうしたらよいかを教えてくれるのです。

 「あたりまえだと思っていることこそ感謝すべきこと」
 なのです。

 ・毎日御飯が食べられる。
 ・家族が健康。
 ・かみさんが働いてくれている。
 ・子供が元気に学校へ行く。
 ・帰る家がある。
 
 数えればきりがありませんが、なんて幸せなんだろう
という実感が沸いてくるではありませんか。


生まれてよかった!
 ↓

スポンサーサイト
 野口嘉則さんの「3つの真実」を読んだ時点で、「7つの習慣
の第1ステップである主体性に対する考えがまとまりました。

 とは言っても、頭の中で形にしたにすぎないので、今後実践に
よって、効果を確認していこうと思います。

幸せの反応

 基本的な考えはabc理論ですが、「行動」を追加しました。
 個々の要素は色々な本に書かれている事なのですが、
解決策まで含めてすっきりまとめたところが茶くれ流です。

 要するに、全ての自分の行動は他人や環境ではなく、
100%自分で決めているんだということを認識する
(=主体性の発揮)という事です。

 勝手ながら「幸せの4A反応」と名づけました。

  ①ActivatingEvent(出来事)
    ↓
  ②Assumption(思い込み)
    ↓
  ③Affection(感情・愛情)
    ↓
  ④Action(行動)

 ある出来事が起こったときに、行動を起こすまでには
「思い込み」「感情」「行動」の3つのプロセスがあります。

 「3つの真実」を読んで確信したのですが、このうち
最もコントロールできそうなのは「行動」です。

 トラウマを完全に除去したり、100%ポジティブな感情
を維持することは至難の業だからです。 

 恐れからではなく、愛から生まれる行動こそが、主体性
を発揮する方法であると結論付けました。 

 そのためには各プロセスをプラスに転じる訓練が必要です。

 ①今まで生きてきた人生の負の遺産である「非合理的」な
  思い込みは、より効果的な考えに書き換える。

 ②「不快」な感情は抑圧せず、攻撃的感情を抱く前に
  ありのままのを受け入れる。(時には不快は必要)

 ③今ある現実に価値を見出し、自尊心を満たすことで、
  恐れの感情を少なくしていく。

 ④自分の行動が愛に基づいているか、恐れからきている
  のかを考える。

 以上の全てが、愛ある行動を生む原動力です。

 なんのことだかわからないと思いますので、  
 次回以降、具体的に説明していきたいと思います。

 関連記事:幸せ成功力を日増しに高めるEQノート(その1)
        幸せ成功力を日増しに高めるEQノート(その2)

自分の許可なくして、誰も自分を傷つけることはできない …7つの習慣
 ↓


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。