「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今会計学を勉強していますが、この段階でこの本に
出会えたことに感謝すると同時に、稲盛さんを心から
尊敬し直すことになりました。

 「生き方」では人間としての原理原則に基づき経営を
行うという話がありましたが、会計についても、
現状の会計トレンドにとらわれることなく、原理原則
に基づいて、正しいと判断した会計処理を京セラ独自
に行っているのです。

 今までの記事で、簿記に関してしっくりこない
ということを何回も連呼してきましたが、しっくり
こないと思うことは正しいということが確信でき
ました。
 また、会計がわからなければ、真の経営者になれ
ないという言葉に勇気づけられました。

 この本とは関係ないことも含めて、今会計を勉強
していて個人的に経営者の判断や投資家を大きく誤ら
せていると思われる例を2つほど書いておきます。
 
 一つは、資産か費用かという問題。
 金持ち父さんで、金を生まない家は資産でなく、
負債だというところから引っ掛かっていたのですが、
これは、今の会計が取得原価主義に基づいている
からだとわかりました。
 今はお金でさえ価値を失う時代なのに、取得原価
主義では売却時まで資産は時間的な要素(減価償却)
以外では価値を失いません。
 
 メーカーで売れ残ったものなんて、ほとんど
価値がないのに、捨てるまでは資産なのです。

 もう一つは今の会計は事業が継続することを前提
に、期間損益を重視していることです。
 これは、前払い・前受け、未払い、未収といった
実態を伴わない金額に調整されるため、現金の動きや
意味を正確に把握できなくなります。
 
 稲盛さんは会計の専門家ではありませんが、
経理部長ととことん議論し、また、新人と
大学の図書館の本で勉強するなど、企業会計原則
に立ち返って、あるべきと判断した会計処理を
行うのです。 

 茶くれも事業継続を前提とした会計処理は今後
縮小する経済に対して見直す点が多いと思います。
むしろ現金主義に立ち返る要素が多分にあると
思います。

 自分も会社も社員もやましいところは一つも
ないと言い切る稲盛さんの心からの声が聞こえ
てくる本でした。素晴らしいです。  



 メモ書きで付箋を張ったところを書いておきます。

 ・26法定耐用年数によらず、物理的・経済的理由から自主耐用年数を定めている
 ・32値決めは経営
 ・36会計がわからなければ、真の経営者になれない。
 ・38決算書を見て、伸び悩む収益のうめきやせた自己資本の泣き声が聞き取れる
  経営者にならなければならない
 ・43キャッシュベースで経営する。
 ・46儲かったお金はどこにあるのか?配当は銀行から借りる。
 ・49資産か費用か(バナナのたたき売り)
 ・59勘定合って銭足らず
 ・67新人と一緒に「一緒に大学の図書館に行って経理の勉強をしてみよう」
 ・85セラミック石ころ論
 ・90投機は行わない 元本保証が大原則
 ・91自分で稼いだものしか利益ではない
 ・95必要なものは必要な分だけ買う(一升買いの原則)
 ・1022代目はマクロ帝王学がわかってもミクロのげんばのことがわかっていない
 ・108人の心をベースとして経営する
 ・128、139標準原価計算でなく、売価還元法
・143売価還元法では、売価を超える原価を計上することにはならない
 ・146うちの社員ががんばっているからと心から言える(魂を注入)
スポンサーサイト
この本を「ちょっといい本」に分類するのは
間違っているかもしれないが、久しぶりに心を
動かされる本に出会った。

 経済・会計をキーワードに本を探していると 
橘玲さんの名前があったので、さっそく購入
してみた訳です。

 内容はまだ子供に見せたくない裏社会的
を背景に世直し?をする話ですが、

 読み終わってみて、なんだかほっとしました。

 完全に茶くれの推測なんですが、橘玲さんの
世界観は、今までの「マネーロンダリング」や
「永遠の旅行者」、また投資関係の本にも出て
くる言葉でいうと黄金の羽をまき散らしながら
落ちていく堕天使そのものです。

 以前永遠の旅行者で書きましたが、
どこか厭世的で、逃れられない呪縛を感じるのです。

 でも今回は違っていました。
 登場人物まんべんなくハッピーエンドなのです。

 Amazonのコメントにありましたが、私も橘玲
さんは日本の宝だと思います。
 その知識と、発想、難解な事象を一般人に
伝える力には敬服します。

 本の最初に
「亜玖夢博士は齢70にして己の学識のすべてを
 傾け衆生を救済せんと決意した」

 とあるのですが、これこそ橘玲さんの心境の変化
なのではと思いました。

 今までも投資本などで、弱者がしたたかに
生き抜く知恵を解いてくれていましたが、
日本は嫌いのようでした。

 今後は日本も救ってくれそうな気がします。
 
 中国を買い、日本を征服し、アメリカを
買って世界政府を作って英雄になる。

 本の中にある世界征服の野望も茶くれには
単なる小説とは思えないです。

 まだ日本だけは征服という言葉を使っている
ので、多少わだかまりがあるのでしょうが、
今の日本の政治・経済はゼロからやり直さな
ければ駄目なのかもしれません。

 とにかく世界征服に乗り出したようなので、
応援したいと思います。 

 
 あと、橘玲さんの本は18禁(15かな)
だと思うんですよ。一般的には18禁てエロ
とかグロだと思うんですが、橘玲さんの本は
内容に隠れて心に訴えてくるので、自分の考え
がしっかりしていないと、思想がゆがめられる
恐怖を感じます。
(これも世界征服の手段かもしれないが、
 心理学的なアプローチが盛り込まれていそう)

 前に職場の上司が自宅に遊びに来た時に
子供のためにPCゲームを貸してほしいとの事
だったので、DOOMとかを見せたら、こんな
残酷なものを子供には見せられたいと言って
いましたが、そのとき茶くれにはよくわかり
ませんでした。
(茶くれのグロ感覚はマヒしているらしい)

 橘玲さんの本はふとそんなことを思い出させます。

 茶くれがぼんぼんだからなのかも
しれませんがね。



 橘玲さんの本です。「マネーロンダリング」を読んだ
後、単行本で発売されたことは知っていたのですが、
 貧乏な茶くれは、古本屋でなかなか発見できず、
文庫が出たことに最近気付き、4年越しでようやく
読むことができました。

 内容についてはお金に興味がある方には必読です
から、読んで頂くとして、
 読んでいて、読み終わって考えるのは、「天使」
という表現です。

 橘玲さんは他の著書でも「天使」という言葉をよく
使います。

 2年前の「ホージンノススメ」と言う記事に書いている
のですが、「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」
などの本で、
「日本は黄金の羽を撒き散らして落ちていく天使のようだ」
と言っています。

 この天使は、純粋で気高く、美しいのですが、
ガラスのように壊れやすく、孤独で、闇に閉ざされ、心が
病んでいて、まさに今崩壊する運命であるのが共通して
います。

 ここからは茶くれのたわごとです。

 天使の対極に来る表現を直接していないの
ですが、茶くれ流に解釈すると、天使は常に「毒」に
犯されているのです。
 (心の闇と言うべきか、呪いと言うべきか「悪魔」の
 存在を感じます)

 その毒は複雑で、何世にわたり積み重なったもので、
決して逃れることができないものです。
 (話の中では魔法使いだけが、この呪縛を説くことが
 できるのですが、この魔法と言う言葉は本の中に1回
 くらいしか出てきません)

 そして茶くれは、橘玲さんのその毒に対する憎しみを
いつも感じるのです。

 小説ですから、著者の意図にはまっただけなのかも
知れませんが、茶くれにとって橘玲さんはお金について
の心の師匠でありますから、どんな人で、どんな人生
を歩まれたのか非常に気になるのです。





 
 京セラとKDDIの創始者、稲盛和夫さんの本です。
 以前からいつかは読もうと思っていたのですが、やっと
その機会を得ました。

 最近本を読むときに付箋を用意して、大切だと思うところ
に貼って行くのですが、読み終わってみて、この本はわずか
5枚でした。
 ちょうど付箋を張った部分がウィキペディアに稲盛和夫の言葉
として出ているので、参照ください。
 もう一箇所は六波羅蜜ですが、これは別の機会に記事に
します。

 大切と思った所が少ないのではなく、書いてある内容が、
このブログに書いてあること、自分が思っていることと、
ほとんど同じなのです。

 大会社の創業者が、人間の原理原則に基づいて、経営を
行っている、本当に社会のために事業を行っていると知り、
 大変驚きました。感動しました。

 「宇宙の法則」や宗教的な言葉も出てきますが、地位も
名誉もある人が、なかなか書けることではないと思います。

 戦後道徳が失われ、良いことは良い、悪いことは悪い
と大人が教えなくなった。人格を磨くことが根本だと書かれて
います。

 恐れ多いことですが、茶くれまったく同感の本です。
 社長がこんな考えなら、会社はきっと世の中に左右されずに
発展していくに違いないと思います。

 
 山田ズーニーさんという人の本です。

 話を大金星に戻しますが、大金星のAmazonのカスタマー
レビューをみると、あまり評判がよくないとわかりました。

 主人公視点に立つと、共感できる読者層あまり広く
ないからだと思うんですが、

 読んだ後にふつふつとこみ上げてくるのは、恋愛指南役
の九州男児花村春男の能力です。

 「他人を成功させる力」、まさに誰もが必要とする能力で
はないでしょうか。

 今、他人に分けてあげるくらい幸せと感じる人が少ない
ことこそ、真のカスタマーレビューの低い理由で、この本が
面白くないのではないと思います。

 茶くれにとっては良い気付きになりました。

 幸せマスターは皆、体系だった奥義を極めていることに
あらためて気がつきました。

 そこで、Amazonであれこれ検索しているうちに出会ったのが
この本です。

 冒頭に出張前の30分でも読めると書いてある通り、すぐに
読み終わります。
 わかりやすい文章に加え、挿絵がまた理解深め、記憶に残るよう
なイメージでとても良い本です。

  一番印象に残ったのは、「誤解を解く」という項目で、
正論を吐くのではなく、問題の一番根っこの問いに着目し、
「共感ポイントを、パンチのようにはやく、確実に、正直に決める」
ということでした。 (興味のある人は読んでください)
 これは正に、仕事、プライベート共に茶くれに必要なこと
なのです。

 この本はエッセンスであり、全体的に内容が整理されすぎて
いるために、一度読んだくらいでは、とてもこの本のスキルを
身につけることはできないと思います。

 今、マインドマップに内容を整理して、自分の事例でいくつか
同じことをやってみましたが、自然に出来るようになるには
かなりの修練が必要です。

 これを極めれば、自分本位のこのブログの文章も、かなり改善
することが出来そうです。
 がんばりまーす。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。