「心」と「体」と「お金」を育てる幸せ探しの旅、ゆっくりいきましょ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あなたを活かすコーチング」第3章は
「人をのばして自分も伸びる」です。

 事例からの実践の章で、解釈するのが難しいのですが、
 まとめると、
 ・コーチの本質は相手を思う心。
 ・コーチすると言うことは内なる自分をコーチすること。
 ・誰かをコーチするすべての成果は自分に返ってくる。
 ・上の一つ一つが複雑で変化の激しい時代を生き抜く対処力
  を高める 
 ということみたいです。

 「人の話を聞く」の後はどうするのか?
 コーチングによる具体的な会話設計は以下の手順のようです。
 
  1)確認  「その通りだね」
  2)焦点  「何が問題なの?」
  3)可能性 「どんな風にしたいの?」
  4)戦略  「何ができる?」
  5)障害  「なにか心配はある?」
  6)確認  「今日どうだった?来週はどこまでやる?」

 客観的に受け止めるは1)項で、次は何ができるかを相手から
 引き出してあげる事。この手順の繰り返しです。

 その他事例にあった戦術を以下挙げておきます。
 
 <スタンス>
  ・説得より質問   「長所を伸ばすコミニュケーション」
  ・適度な間隔    「50cm以内、対面は緊張高める」
  ・相手の時間感覚で 「会話のスピード、相手の時間感覚」
 <つかみ・焦点>
  ・答えはどうでもよい質問から 「天気・景気など」
  ・答えにくい質問は信号に例える「今の状況は赤信号」
 <戦略の立て方>
  ・しなければならないをしなくてもよいに「違う方法で」
  ・夢から目標、目標から行動へ、未来から今に目を向ける
  ・したいことがなければ、今できることを考える
  ・マイナスの視点で良い結果 「-を解決することで+に」
  ・客観視  「屋上から下を見るだけで自分の小ささを知る」

 ※上のようにまとめると淡泊で味気ない内容になってしまうの
  ですが、本には活きた文章でかかれているので、興味のある
  人は実際に読んでみる事をお勧めします。
スポンサーサイト
「あなたを活かすコーチング」から、紹介します。

マシンガントーカーとはしゃべり出したら止まらない人の
ことですが、平気で30分も1時間も他人を軟禁してしまう
この朝まで生トーカーへの対処の仕方が書いてありました。

事例の上司がなんとも他人とは思えず、反省してしまいました。

1)始めに制限時間と着地点を確認するのが基本
「課長、本日3時から出張のため、これから1時間でA、B、Cの
 3点について具体的なところまで詰めさせて頂ければと思いま 
 す。」

2)絶大な同意によって話題をギアチェンジ
 (いくら念を押しても一筋縄ではいかない場合)
 仕事からたとえ話に熱が入り、話題が芸能界にまで発展し、
 吉永さゆりってどうよ?などと聞かれたらたまりません。
 放っておくと止まらないので、頃合いを見計らって
 腹の底から声を出して承認します。 
 「おっしゃるとおり!」
 (机をたたくなどパフォーマンスを加えるのも可)
 大事なのはその後間を開けず
 「ところで吉永さゆりも一押しのA社の液晶の件ですが」と
 話を切り替える。さもないと
 「そうか、おまえもさゆりすとかー」と火に油を注いでしまい
 ます。タイミングと回数にも気を遣わないと
 「お前人の話を聞いてないだろう」と言われ水の泡になるとの
 こと。

3)話をまとめてもらう
 マシンガントーカーはしゃべりながら考えることが多く、
 「あれ、今何を話してたんだっけ」などと自分で混乱する
 ことが多々あります。
 こんな時は
 「もう一度○○さんの言ったことを一言でまとめて頂けますか」
 と言えばたいていのマシンガントーカーは黙るとのこと。

明日からよく考えてから話をしようと思いました。


 最近仕事で雑用が多く、妙に疲れてなかなか記事を書く意欲が
わかないこのごろです。

 たまたまmixiの日記を読み返していたら、ちょうど1年前にいいこと
を書いていました。気力回復までのつなぎで、コーチングについて、
こちらにもちょっと書いてみます。 

 コミニュケーションはキャッチボールであるとのこと。

 A:「これをああしたらどうでしょう」
 B:「そんなのくだらないよ」

 これはAが投げたボールをBは受け取らずに、Bが自分のボール
 を剛速球で投げ返している状態

 B:「ふむふむ、これをああするんですね」
 これがキャッチしている状態

 人の話を聞くと言うことはAの投げたボールを事実のままに
 受け止めると言うこと。

 さらに言葉の奥を聞くためには、相手がどんなボールを投げた
 かったのかまで受け止めるということだそうです。

 自分も相手のボールをよく見ずに、自分勝手なボールを投げ返し
 ていたような気がします。

 これからは相手ボールに何が書いてあるのかよく考えてから
 回答したいと思います。
 これは子育てにも、ものすごく役に立ちそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。